歯周病治療Perio

歯周病とは

歯周病とは歯を支えている歯ぐきが歯周病菌に感染することで炎症を起こし、進行すると歯を支えている骨が溶かされて最後には歯が抜け落ちてしまう病気です。歯周病は10代、20代に多く見られる歯ぐきだけの炎症にとどまった歯肉炎と、30代以降に多く見られる骨の吸収を伴う歯周炎とに分けることができます。虫歯とともに歯を失う原因としてよく知られており、日本では30代以上の8割が歯周病にかかっているとも言われています。

 

歯周病の原因

口の中には数百種類もの細菌が住んでいると言われています。しかし、それがすぐに悪さをするわけではありません。歯磨きが不十分であったり、糖分を摂りすぎると、細菌が歯の表面に歯垢と呼ばれるベタベタしたものを形成します。そのなかに含まれる歯周病菌と呼ばれる数十種類もの細菌が歯周病を引き起こすと言われており、その細菌の出す毒素によって歯ぐきが炎症をおこして、歯を支える骨をだんだんと破壊していきます。

 

歯周病の症状と治療法

進行度によって次のように歯周病の症状は変わってきます。

1.軽度歯周病

歯肉炎の状態です。歯ぐきは赤く腫れて、歯ブラシを当てると出血しやすい状態です。痛みなどの自覚症状はほとんどありませんが、むず痒い症状がでることがあります。骨の吸収はまだ見られません。

<治療法>
この段階だと、きちんとブラッシングをすることで治ってしまうこともあります。ただし、歯石が付いている場合には、歯科医院で歯石を取ってもらう必要があります。

2.中等度歯周病

ブラッシング時に、歯ぐきから頻繁に出血するようになります。骨が下がり始めることにより、歯ぐきの溝(歯周ポケット)がだんだんと深くなり、口臭が強くなったり、歯ぐきが下がって冷たい水などにしみる知覚過敏が起きてきます。

<治療法>
この段階になるとブラッシングだけでは治りません。歯科医院で歯ぐきの溝のなかに溜まっている歯垢や歯石をしっかりと取る必要があります。

3.重度歯周病

骨はさらに吸収し、歯がぐらついてきます。そのため歯が浮いたような感じがしたり、噛むと痛かったりします。また、出血に加え、歯ぐきから膿が出るようになり口臭はさらに酷くなります。時々歯ぐきに膿がたまり、大きく腫れて強い痛みを出すことがあります。このような状態からさらに酷くなると、しまいには歯が抜け落ちてしまいます。

<治療法>
歯周ポケットが深いため、それまでの手探りで行う歯石取りではしっかりと汚れを取りきることができません。そこで、場合によっては歯ぐきを切り開いて、目で見える状態でしっかりと歯の表面についた汚れや歯石を取っていきます。 また、汚染された歯ぐきも除去して歯周ポケットを浅くし、その後のお手入れを自分でしやすいようにします。

歯周病と全身との関連

近年、歯周病菌の出す毒素が血管を通して全身に回ったり、呼吸器に感染を起こして、全身的な病気を引き起こすことがわかってきました。代表的なものは次の通りです。

・心臓疾患
・糖尿病
・脳梗塞
・消化器系疾患
・肺炎
・メタボリックシンドローム
・早産、低体重児出産

全身の健康のためにも歯周病の予防、治療は非常に大事だということです。歯周病は生活習慣病の一種です。歯垢を溜めない生活をこころがけ、歯科医院で定期的な検診、クリーニングを受けることをおすすめします。

 

歯周病治療の流れ

1.歯周ポケット診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影

歯周ポケット診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影を行います。
歯周病の原因は1人1人異なりますので、治療していく前に検査を行い、1人1人に適した治療を行っていきます。

2.プラークを除去

歯周病の原因は歯垢(プラーク)なので、プラークを除去し付きにくくすることが治療の基本となります。歯科衛生士による歯みがき指導や歯間ブラシ、デンタルフロスなどで改善をはかります。
簡単に落とせる歯石やプラークを落していき、検査にて改善を確認します。軽度の歯周炎の方はここまでで治療が完了します。

3.歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や歯垢(プラーク)除去

中等度~重度の歯周炎の場合、歯石が深くまであるため取りきれません。
このような場合は外科的な治療が必要となります。
麻酔をしてから歯肉の切開をし、歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や歯垢(プラーク)除去します。

4.歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や歯垢(プラーク)除去

口の中の細菌を完全になくすことは難しく、歯周病は再発し易いので、治療完了後も定期的なメンテナンスが必要となります。
再発防止には患者さん自身による歯垢(プラーク)のコントロールだけでなく、定期的に歯科医師や歯科衛生士による検診や治療を受け、歯をメンテナンスすることが重要です。