クリニック紹介Clinic

診療理念

当院では、予防はもちろん、お口の中を管理する一環として特に顎骨を正常に発育成長させ、
口もとをきれいに、そしておいしく食べられる咬み合わせを追求しています。
正しいかみ合わせ、歯ならびをととのえることにより、

乳幼児期には、顎骨、顎骨周囲の筋の成長を正しくうながし、
青年期では、歯肉炎、むし歯、不正咬合の予防、
そして成人期には、歯周病、むし歯、顎関節症、口もとの筋のバランス、審美をたもつことに、
そして老人期には、好きなものをよく咬んでたべ、脳に刺激をあたえることで
認知症の予防等にやくだちます。

いつまでも健康な歯で、食事と会話を楽しんでいただける様、サポートしていきたいと考えています。

CT完備

歯科用CTとは、コンピュータを駆使したデータ処理と画像の再構成で、断層写真を得ることができる装置です。

インプラントや親知らずの抜歯だけではなく、様々な治療に用いられます。

三次元の高画質画像を用いることで、断層方式パノラマX線写真や口内法X線撮影法では判別できない、痛みや症状の原因の究明に役立ちます。

従来のレントゲン撮影は平面なものになります。
もちろん、平面の画像でも診断は不可能ではありませんが、骨の厚みや硬さを正確に測ることはどうしても難しくなってしまいます。

CT撮影では今までの平面画像が3Dになり、骨の厚みや幅、硬さ、位置、歯の根の状態、歯周病の進行具合なども精密に分析することが出来、正確な診断を細かくすることが出来ます。

>>歯科用CT(PAPAYA 3D)の詳細をみる

ユニットで画像を確認いただけます

ユニットにモニターを設置しておりますので、座ったまま画像をご確認いただけます。
実際に画像を見ながら歯科医師がご説明いたしますので、ご自身のお口の中の状況等がより御理解いただけるかと思います。

口腔内カメラ

「この歯が虫歯ですね、治療しましょう」と歯科医師から説明を受けても、ご自身の歯の状況がどうなっているのか・どの程度悪くなっているのかは、なかなか分かるものではないと思います。
実際にご自身の歯がどのような状態なのかが分かれば、治療の必要性等をご納得いただいた上で、治療に望むことが出来るのではないでしょうか。
塩野目歯科医院では、口腔内カメラの映像をタブレットに映し出すことで、ご自身の歯の状況をよりご理解いただくことが可能です。

強酸性水生成器ラボS-Ⅱ

塩野目歯科医院では、優れた除菌力を持つ強酸性水生成器ラボS-Ⅱを導入しております。医科の病院や老人保健施設・保育園・飲食店でも使用されています。

歯科の現場で使用される強酸性電解水

歯科の現場で強酸性電解水の応用も広範囲になってきています。治療開始前の患者さんの洗口や手指の消毒、ユニット等の消毒だけでなく、歯周病の治療への応用にも使用します。

・歯石除去前後の消毒
・歯周外科治療
・歯肉溝、歯周ポケット内の洗浄・消毒
・抜歯前後の消毒
・インプラント処置時の洗浄・消毒

ノロウイルス対策

現在、ノロウイルスによる感染症が各地で猛威を振るっています。カキからの感染が主体という従来の状況とは違って、ヒト(感染者)からヒトへの感染が広がっていることが特徴的です。大勢の小さな子供や老人が集団感染して下痢や嘔吐で苦しみ、中には死亡する例が報道されています。次亜塩素酸が主成分の酸性電解水もノロウイルス対策に有効に使うことが出来ます。
酸性電解水は、手荒れが少なく、安全で人にも環境にも優しく効果的な殺菌消毒剤で、様々な目的のために水道水感覚で使用できます。

院内ツアー

外観

受付・待合室

診療室

その他

動画紹介