審美歯科Dental esthetics

審美歯科

虫歯や歯周病などの病気を治して機能的な回復を目的とする一般歯科に対し、歯の審美面(美しさ)により重点を置いて、噛む機能も含め、全体的に調和のとれた口元を実現することを目的としています。一般歯科では主に保険の材料を用いて、機能性を第一に治療を行いますが、審美歯科においては保険外のさまざまな材料を用いて、より自然な見た目を追求します。

来院される患者さまのご希望

・何年か前に詰めた銀歯を白くしたい
・歯と歯ぐきの間の黒い部分をキレイにしたい
・前歯の形や色、向きが気になる
・全体的に歯を白くしたい
・1本だけ色の違う歯が気になる

 

被せ物の材質の比較

見た目の改善を重視する審美歯科では、「セラミック」による詰め物、被せ物が主流となっています。保険適用の材質よりも天然の歯に近い色を出すことが可能です。

セラミックの被せ物には、大きく2つのタイプがあります。

項目 メタルボンド ジルコニアオールセラミックス
イメージ メタルボンド ジルコニアセラミックス
材料 専用金属にセラミックを焼き付けたもの すべてセラミック
白さが天然歯に近い 白さ・透明感が天然歯に近い
強度 強度にすぐれている 金属と同レベルの強度
耐久性 磨耗しにくく耐久性に優れている 磨耗しにくく耐久性に優れている
その他 金属の裏打ちのためオールセラミック
に比べると透明感がでにくい
生体親和性が高く歯肉との調和に優れ
ている。金属アレルギーのリスクが無い

 

審美歯科で行う治療内容

オールセラミッククラウン

全てがセラミック(陶器)でできているかぶせ物です。微妙な色の調整ができて、透明感があるため、本物の歯と見分けがつかないほどです。また、陶器であるため、年数がたっても変色することがなく、また茶渋などがついても簡単に取り除くことができます。金属を使用していないため、金属アレルギーの方にも安心してお使いいただくことができ、歯ぐきを黒くする(メタルタトゥー)デメリットもありません。

術前 術後

セラミックインレー

奥歯の詰め物を入れる際に、金属だと目立って嫌だ、または金属アレルギーがあるという方にはセラミックインレーがオススメです。周囲の歯の色に合わせて作りますので、詰め物が入っていることが見た目で分かりません。

ラミネートベニア

すきっぱがお悩み、また、ホワイトニングで白くならない変色がある場合にオススメの治療法です。歯の表面をエナメル質の範囲で薄く削り、そこに歯の形のシェルと呼ばれるものを付け爪のようにくっつけます。歯をほとんど削らずに、歯の形や色をきれいにすることができ、またセラミックを使用するため変色の心配もありません。

ジルコニア

最近注目を浴びているセラミックの一種で、人工のダイヤモンドとも呼ばれている金属の強度に匹敵するほど非常に硬いセラミックです。以前は力のかかる場所やブリッジにおいては、金属の裏打ちの上にセラミックを貼り付けていましたが、この材料が使われることになったことで、金属を使わず、より透明感に優れて美しく、しかも軽くて歯にやさしい治療が可能となりました。

クリーニング(PMTC)

歯石取りのクリーニングよりもさらに時間をかけた徹底したクリーニングで、さまざまな形をしたシリコンや、ペーストで隅々まで歯を磨き上げます。これにより、歯がツルツルピカピカになり、歯周病、虫歯予防効果が高まることに加え、歯の色が明るくなる、口の中が爽快になる、口臭がなくなる、など嬉しい効果が期待できます。

>>予防歯科

ガムピーリング

主にメラニン色素による歯ぐきの黒ずみを取り除いていく治療です。薬剤やレーザーを用いる方法がありますが、どちらにしても短い時間で痛みをほとんど感じることなく簡単に行うことができます。