親知らずを抜きたい

「親知らず」とは20歳前後になると生えてくる歯のことを言います。もともと普通の歯ですが、現代人の顎には親知らずが生えるスペースが足りないことが多いため、生える際に周りの組織を傷つけたり、周りの歯を圧迫して歯並びを乱す原因になったりすることがあります。また、無事に生えてきても噛み合わせを乱す原因になることが多く、歯みがきもしにくいため虫歯になりやすいというリスクもあります。

抜歯が必要な親知らず

親知らずは、その多くが正常に生えてきません。そのため、生えたことがわかったら抜歯になることが少なくありません。しかし、場合によっては抜歯の必要がない場合もあります。親知らずを抜いたほうがいい場合は・・・

・斜めに生えて歯ブラシが届かないため虫歯や歯周病になりやすい
・親知らずが影響して噛み合わせのバランスがくずれている
・周りの歯に悪影響を与えている
・親知らずが虫歯や歯周病になっている
・隣の歯を強く押している
・歯列不正になるため

抜歯する必要が無い親知らず

・噛み合わせを乱すおそれがない
・歯ぐきからまっすぐに生えている
・歯みがきに支障がない