歯が痛い・しみる

歯がしみる

歯がしみる場合には、虫歯や虫歯による歯の神経の炎症(根の治療)、知覚過敏、噛み合わせの影響等があります。まれに歯ぐきのやけど、口内炎などを歯がしみると錯覚される患者さんもいます。

噛むと痛い

噛むと歯が痛いという場合は、歯もしくは歯ぐきが細菌による感染をおこしている時の慢性症状と考えられます。風邪を引いた時や睡眠不足の時など、免疫力が落ちた時にズキズキ痛み出すこともあります。 細菌のたまり場によって治療法がかわり、歯の中や歯の根っこであれば根の治療、歯ぐきであれば歯周病の治療をします。

何もしなくてもズキズキ痛い

何もしなくてもズキズキ痛いという場合は、歯もしくは歯ぐきが細菌感染を起こしている時の急性症状と考えられます。噛むと痛いとき同様、細菌のたまり場が歯の中や歯の根っこであれば根の治療、歯ぐきであれば歯周病の治療をします。 親知らずが痛む原因は、この歯ぐきにたまった細菌による急性症状であることが多いです。