詰め物・かぶせ物が取れた

詰め物・かぶせ物が外れてしまったら

虫歯などによって失われた歯を治す処置は様々です。歯の表面の小さな部分でしたら、光を当ててすぐ固まるプラスチックの詰め物を詰めます。噛む面などで失われた部分が大きい場合は、歯の型取りをして銀歯を作ります。根っこの処置が必要なほど進行してしまった場合には、土台を立ててかぶせ物や差し歯を作ります。

これらの詰め物やかぶせ物は年月が経過するとどうしても外れてしまうリスクが出てきます。詰め物やかぶせ物が外れてしてしまった場合、虫歯になっていなければそのまま付け直すことが出来る可能性もあります。できるだけ早めにかかりつけの歯科医院を受診すると良いです。

接着材で付けてもいい?

差し歯などが外れてしまった患者さんの中には、アロンアルファなどの接着剤でつけてしまったと言う例がありますが、絶対にやめてください。
接着剤が体に悪いと言うわけではなく、今後の歯の状態に悪影響を及ぼしてしまうからです。

まず、残った歯の表面に雑菌を閉じ込めてしまうことが挙げられます。
お口の中はどんなに清潔にしていてもたくさんの雑菌がいるのです。
歯科医院で詰め物やかぶせ物をつけるときには、そのような雑菌が無い状態にしてからつけています。
雑菌が残っていると残った歯の部分が虫歯になったり、根っこに膿がたまったりする可能性が高くなってしまい、歯の寿命が短くなってしまいます。

差し歯などが外れてしまった際は、接着剤等でつけるのではなく、必ず歯科医院を受診するようにしてください。

放置してもいいの?

そのまま放置してしまうのも良くありません。詰め物やかぶせ物が外れたままだと、残った歯質がむき出しになっており、残った歯質は細く脆い部分があるため、放置しておくと歯が欠ける、虫歯になる、最悪の場合は破折してしまうこともあり、外れたものをそのまま戻すことができなくなります。

また、欠けたり虫歯になってしまうと、外れた詰め物等を戻すことが出来なくなります。さらにどんどん残った歯質が減っていってしまいます。歯の状態によっては、最悪の場合は抜歯の可能性もでてきます。

もしご都合などで予約が先になってしまう場合は、詰め物・かぶせ物の取れてしまった部分で硬いものなどを噛まないように十分注意して下さい。