入れ歯の調子が悪い

入れ歯には調節が必要です

「入れ歯の調子が悪い」、と感じられることは新しい入れ歯を入れたばかり、とくに初めて入れ歯を入れる場合にはほとんどの場合に起こります。入れ歯は、出来上がってから日常生活を過ごしていただき、その上で何度も調整をして初めて自分に合った、快適な入れ歯が出来上がります。

また、ひとたび入れ歯の調子が良くなり問題なく使えるようになっても、ずっとそのまま調子のいいままかというと、残念ながらそういうわけにはいきません。なぜなら、最初はぴったりと合っていても、咬んでいるうちに入れ歯の歯もすり減ってきますし、歯ぐきも痩せてきて、だんだんと合わなくなって不調がでてくるからです。

ですから、調子が良くても入れ歯の定期的なチェックを行うことが非常に大事になってきます。自分の気付かないうちにだんだんと入れ歯は合わなくなってきますが、それを放置していると、歯ぐきや骨に異常な負担がかかり、歯ぐきが異常に増殖して変形したり、骨が異常に吸収してやせてしまったりすることがあります。そうすると、その後不調があって調整してもなかなか症状が取れなくなってしまうからです。

入れ歯に関する悩みがありましたら、一度歯科医院に相談するのが良いでしょう。