カテゴリ: 虫歯予防

虫歯菌で認知機能が衰えることが明らかに

「虫歯や歯周病になって歯がなくなっても入れ歯があるし、大丈夫」というのはもう過去の話です。というのも、虫歯や歯周病というのは歯を失う原因になるだけでなく、全身の病気との関連が次々に明らかになってきているからです。

虫歯や歯周病の原因菌は血管内に入り込み、全身を巡ることがわかっています。そして、体のいたるところでトラブルを起こすことがあり、近年、虫歯の原因菌が脳内で小さな出血を起こし、認知機能を低下させるという研究発表がありました。

これは京都府立医大などの研究グループが英科学誌サイエンティフィック・リポーツに発表したものです。認知機能は脳内の小さな出血が原因の一つであると考えられていますが、
ある種の虫歯菌が血小板の止血作用を低下させる遺伝子を持ち、脳の血管の壁にくっついて炎症を起こすとされています。

今回の研究では京都市内で脳ドックを受けた、脳に疾患が見られない54歳から89歳、279人を対象に、唾液中の虫歯菌や脳内の小さな出血の有無を調べました。その結果、25%の人に虫歯の原因菌であるミュータンス菌を発見し、そのうちの61%において脳内に小さな出血を確認しました。また虫歯菌のなかった人では脳内の出血は14%に止まりました。

そして、言語機能における認知機能テストを行った結果、虫歯菌のない人はある人に比べて良好な結果となりました。

このことから、虫歯予防をしっかりと行うことが認知症を防いだり、脳卒中を防いだりする可能性があるということがわかってきたのです。

 カテゴリ:虫歯予防 and tagged , , , ,

虫歯を治す歯磨き粉が発売されるって本当?

イギリスで「虫歯を治す」効果のある歯磨き粉がこのほど売り出されました。この歯磨き粉は「BioMinF」と呼ばれるもので、知覚過敏の改善や、軽い虫歯、または酸で溶けてしまった歯を修復してくれる効果があるのだそうです。製造元のホームページには以下のように書いてあります。

知覚過敏は歯の象牙質が露出していることで起こりますが、これは外部からの刺激が、象牙質を構成している象牙細管と呼ばれる細い管を通じて、象牙質の奥にある神経に伝わるために起こります。BioMinFにはこの象牙細管を封鎖し、バリアの役目をする働きがあります。

そして、BioMinFに含まれるフッ素が歯磨きをした後、最高12時間まで徐々に放出されることで、歯の表面に厚いフッ素コーティングができ、甘いものや酸性食品によって歯が溶かされにくくなります。

さらには、カルシウムやリン酸が唾液から徐々に放出されるようになるため、甘いものや酸性食品を口にした後に溶かされ始めた歯の表面を修復して、歯を強くする働きがあります。

つまり、「虫歯を治す歯磨き粉」というよリは、「歯を強くする効果の高い歯磨き粉」と言った方が良さそうですね。現在オンラインで購入可能なようですが、これから世界中の代理店と提携して発売が拡大されていく予定だということです。

 カテゴリ:虫歯予防

銀歯は虫歯が進みやすい?対策法は?

銀歯が口の中に入っている人は多いことでしょう。保険で治療を行う場合、奥歯だと強度の面で銀歯が選ばれることが多いためです。確かに銀歯は強い力にも十分に耐えうる、優れた材料ですが、実は銀歯にも弱点があります。まず第一に金属アレルギーの問題があります。そして、第二に、銀歯は頑丈で長持ちすると思われがちなのですが、実は銀歯は自費のセラミックに比べ、虫歯が出来やすく、進みやすいという弱点があります。

虫歯が出来やすい理由として、銀歯と歯をくっつけているセメントが、噛み合わせの力や口の中の温度変化でボロボロに砕けたり、唾液に溶け出してしまうことで、その部分から細菌が入り込みやすい、ということが挙げられます。そして他にも、銀歯の縁の部分の薄くなっているところが徐々にめくり上がって隙間が開き、その部分から虫歯が出来やすい、というのがあります。

銀歯が外れた経験のある人はお分かりかもしれませんが、外れた銀歯はものすごく臭いますよね。これは内部に細菌が入り込んでいる為にこのような匂いがするのです。

それではどうやったら虫歯をひどくならないようにできるかと言うと、セラミックのような虫歯ができにくい材質に変えるか、銀歯を入れ続ける場合には定期的に歯医者さんでレントゲンなどを撮り、虫歯チェックをして、虫歯の兆候が見られたら早めに取り替える、という方法があります。銀歯が入っている人は、痛くないからといって放置せず、定期的に虫歯ができていないかのチェックを受けるようにしましょう。

 カテゴリ:虫歯予防 and tagged , ,

虫歯を放置すると起こってくること

虫歯を放置していると痛みが出てくるのはもちろんですが、他にもいろいろと困ったことが起きてきます。その例をいくつか挙げてみましょう。

1.治療自体も痛くなる
虫歯の痛みを極限まで我慢していざ治療をしようとしても、このようなときは麻酔がとても効きづらく、治療が非常に辛いものになることがあります。

2.治療回数が増える
軽い虫歯なら一回で終わってしまうところが、虫歯はひどくなるにつれて治りにくくなったりするため、治療に何度も通わなくてはならなくなります。

3.治療費が余計にかかる
歯の状態が悪化するほど、治療内容が増えるため、治療費がかさむようになります。

4.歯が長持ちしなくなる
例えば、虫歯が進行して、神経にまで感染を起こして取り除かなければなくなってしまった場合、その後の歯の寿命が短くなってしまいます。

5.歯だけの問題ではなくなる
虫歯の細菌があごの骨の中に広がって骨髄炎を起こし、骨が腐ってあごの骨を大きく切除しなければならなくなったり、細菌が血流を通じて全身に回って心臓や脳などに感染を起こして命の危険を冒すことも、稀ですがありえることです。

虫歯は早期発見、早期治療が大切です。虫歯を放置しないようにしましょう!

 カテゴリ:虫歯予防

虫歯になりやすいのはどんな人?

歯が弱い、すなわち虫歯になりやすい人というのは確かに存在します。次のような特徴に当てはまる場合、虫歯になりやすい傾向があります。

1.糖質をよく摂る
甘いお菓子を頻繁に食べる、という場合はもちろんですが、口さみしさから飴を良く食べる、砂糖入りのコーヒーや紅茶などを良く飲むというような人は口の中が酸性に傾きやすいため、虫歯になりやすくなります。

2.食事はやわらかいものが多い
現代はファーストフードやコンビニ弁当、ファミレスなど、手軽に食べられるもので溢れかえっています。そのような食べ物はやわらかくて、あまり噛まずに食べられるものばかりです。このようにやわらかいもの中心の食事をしていると、食べ物が歯にこびり付きやすく、また唾液も良く分泌されないので虫歯の危険性が高まります。

3.歯磨きをあまりしない、またはやり方がまずい
歯磨きをしない人はもちろん虫歯になりやすいですが、歯磨きをやっていても虫歯になりやすいポイントが磨けていないと虫歯になりやすくなります。

4.虫歯菌が多い
虫歯菌が口の中に多い人は虫歯にかかりやすいと言えます。

5.歯の質があまり強くない
もともと歯の質が弱い人も存在します。また、生えたばかりの歯は歯の構造がまだしっかりと出来上がっていないため、虫歯にかかりやすくなります。

6.唾液が少ない
ストレスによる自律神経の乱れ、アルコールやタバコ、口呼吸などが原因で唾液の分泌が落ちると虫歯にかかる危険性が高くなります。

実際虫歯になるかどうか、というのは上にあげた一つの原因で起こるというよりは、様々な原因が絡み合って起こります。心当たりのある項目が多い人は注意してください。

 カテゴリ:虫歯予防 and tagged ,

虫歯になりやすいおやつワースト5、虫歯になりにくいおやつベスト5

お子さんのいる人は「おやつの食べさせ方、これでいいのかな?」と悩むこともあるでしょう。乳歯は虫歯に対する抵抗性が弱く、一度虫歯になったら進行しやすいものです。なるべく虫歯を作らないためにも、虫歯になりやすいおやつ、なりにくいおやつを知っておきましょう!

虫歯になりやすいおやつの特徴は次の3点です。

・糖分が多い
・歯にくっつきやすい
・口に長く残る

この3つの特徴を兼ね備えたものは非常に虫歯になりやすいと言えます。これに当てはまるおやつ、すなわち虫歯になりやすいおやつワースト5はこちらです。

・あめ
・キャラメル
・グミ
・砂糖入りガム
・チューブ入りアイス

一方、虫歯になりにくいおやつというのは、糖分を含まないか、含んでもそれほど多くなく、歯にくっつきにくく、口に長く残らないものです。これらに当てはまるおやつ、ベスト5はこちらです。

・せんべい
・おにぎり
・さつまいも
・果物
・にぼし

以上虫歯になりやすいおやつ、なりにくいおやつの例をあげました。もちろんこれ以外にもいろいろおやつはありますが、とにかくおやつを与える際は、「時間をきめてだらだら与えない」「虫歯になりやすいおやつを食べる際は水やお茶を一緒に与える」など、糖分が口の中に長く残らないように気をつけていれば虫歯になりにくくすることができます。

 カテゴリ:虫歯予防 and tagged , , , ,

歯ブラシは虫歯を予防できない?

厚生労働省が行った調査によると、日本では成人のほぼ100%は虫歯にかかったことがある、というデータがでています。しかも成人の80%は歯周病、またはその予備軍だと言われています。これは日本人がちゃんと歯磨きをしていないからなのでしょうか?

実はそうではありません。それどころか日本人の95%は毎日歯磨きをしており、全体の73%は1日に2回歯磨きをしているのだそうです。この結果から言えることは、「歯磨きをしているからといって虫歯や歯周病を予防することはできない」ということです。

それじゃあ歯磨きしてもしなくても一緒なのでは?と思うかもしれませんが、それも違います。実は多くの人が歯を「磨いている」けれども「磨けていない」のです。虫歯や歯周病を予防するためには、汚れが溜まりやすいポイントを狙った歯磨き方法をする必要があります。

汚れが溜まりやすいポイントは次の3箇所です。

・歯の噛む面の溝
・歯と歯茎の境目
・歯と歯の間

この部分の汚れが取れていなければ、はっきり言って虫歯や歯周病は予防できません。そしてただやみくもに磨いている場合、この部分の汚れは残ったままになっていることがとても多いのです。

皆さんもこれから歯を磨く際にはこの3つのポイントを意識してブラシを当ててみてください。また、歯と歯の間に関しては歯ブラシだけでは落とせないため、歯間ブラシかデンタルフロスを1日に1度通すようにしてください。

 カテゴリ:歯周病予防, 虫歯予防 and tagged , ,

ランニングやマラソンが虫歯のリスクを高める可能性

健康増進のためにランニングやマラソンをしている人もいることでしょう。しかし近年発表された論文によると、このような持久力トレーニングをしている人は虫歯のリスクが非常に高まるということです。

この論文によると、このようなトレーニングをしている人たちは運動を全くしない人に比べ、歯のエナメル質が溶けてなくなっていたり、虫歯が多数できていることがわかりました。しかし、このような現象はかつてより確認されており、その原因はスポーツドリンクをよく飲むことによって起こっていると考えられていました。しかし、最近では、長時間口呼吸になることにより、口の中が乾いてしまい、唾液が細菌を洗い流すことができなくなるために虫歯にかかりやすくなる、というように考えられています。

そしてこの状況で砂糖のたくさん入ったスポーツドリンクを時々供給するわけですから、やはり虫歯のリスクはさらに高まると言えるでしょう。また、スポーツマンは歯を食いしばったりすることもあり、歯にさらに負担がかかると考えられます。

長距離を走る人は、トレーニングの後なるべくすぐに水でうがいをする、など酸性に傾いてしまった口の中を中和することをお勧めします。

 カテゴリ:虫歯予防 and tagged

チーズが虫歯予防に効果的

チーズが虫歯予防に効果的なのだそうです。これは世界保健機関(WHO)も認めており、「虫歯の危険を減らす食品」としてハードチーズを挙げています。ハードチーズとしてはゴーダチーズや、グリエールチーズ、エメンタールチーズなどがよく知られていますね。

まずチーズが歯に良いと思われる理由で最初に思いつくのは「カルシウムが多い」ということですが、歯に良い理由はそれだけではありません。

まず、チーズは歯の表面を保護する膜を作ると言われています。これにより、酸から歯を守ります。また、チーズはアルカリ性のため、酸性に傾いた口の中を中和してくれます。さらに、ハードチーズの場合、よく噛まなければならないため唾液の分泌を促進します。そして、リン酸カルシウムを豊富に含むチーズは唾液にリン酸やカルシウムを供給することで、歯の再石灰化に貢献します。最後に、牛乳に含まれるたんぱく質の一種であるカゼインが、歯に虫歯菌がくっつくのを阻止する働きがあります。

このようにチーズはいろんな意味で歯に良いことが証明されています。フランスではチーズはよく食事の最後にデザートがわりに食べるのですが、これは虫歯を防ぐ上でも大変理にかなっているのですね。

 カテゴリ:虫歯予防 and tagged , ,

はじめての永久歯!

6歳臼歯(第一大臼歯)ははじめての永久歯。
一生使う大切な歯です。虫歯に気をつけて大切に守っていきましょう。

20151214_01

はじめて生える永久歯は、多くのお子さんの場合、下あごの6歳臼歯(下顎第一大臼歯)と呼ばれる歯です。同時期に下の前歯(下顎中切歯)が生える場合もあり、または6歳臼歯よりも早く生える場合もあります。
永久歯の生え方は特に個人差が大きく、萌出時期の分布には広がりがあります。
一般的に女子の方が男子よりも早く生え、上下の犬歯にいたっては10ヶ月以上の差があります。

虫歯予防のポイントは?

下あごの6歳臼歯は生え終わるまでに時間がかかり、5歳半で生えはじめたとすると、完全に生え終わるのは6歳8ヶ月ごろ。つまり1年以上もかかるのです。上あごの6歳臼歯も同様で、完全に生え終わるまで1年ほどかかります。
上の歯と下の歯は、きちんと噛み合うことで自浄作用が期待できるのですが、生え終わって噛み合うまではそれも期待できません。
そのため、生えかけのこの時期は、特に工夫してしっかりと咬合面をみがき、虫歯予防をすることが重要です。
6歳臼歯が生え始める頃はまだ低年齢で、自分磨きで磨き残しなく清掃して虫歯を予防するのは難しい時期です。
しかも、位置的にも磨きにくい乳歯列の最後方部に生え、生え終わるまで1年以上の長期間がかかるため、最も虫歯になる危険性が高くなります。そのため、生えかけの間は、特に注意深いプラークコントロールが必要です。
普通の歯ブラシでは歯磨きが難しいですから、奥歯磨き用の、先が小さく丸いコンパクト歯ブラシを使いましょう。歯ブラシ選びに迷ったときは歯科医院にご相談下さい。
6歳臼歯が生えはじめたらすぐに、歯科医院で定期的にフッ素を塗りましょう。大変重要で効果があります。生えはじめに塗布するのがポイントですが、もちろん生え終わってからでも大切で効果があります。定期的に歯科医院でみてもらうとともに、保護者の方も6歳臼歯の歯磨きに注意し、虫歯になっていないか観察するといいでしょう。
保護者の方からよく「歯の生えかわりが遅すぎるのではないか」という質問を受けることがあります。生え変わり時期の分布データを参考にすると、個人差が大きくたいていの場合は正常の範囲内だと答えることができますが、心配なことがありましたら歯科医院に一度ご相談いただくと良いでしょう。

 カテゴリ:小児歯科, 虫歯予防 and tagged , , ,