カテゴリ: 未分類

子供の仕上げ磨きのポイントは?

お子さんの歯磨きの仕上げ磨き、できればお子さんが高学年に上がるまではやってあげたほうが良いですが、その際、どんなところに気をつけて磨けば良いのでしょうか?ポイントをまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてください。

■夜寝る前には特に念入りに
お子さんの歯磨きは1日に朝と夜の最低2回は行いましょう。仕上げ磨きはできれば毎回やってあげたほうが良いですが、朝はなかなか忙しくて時間も取りにくいと思いますので、朝はサッとやる感じでも構いません。夜眠っている間は虫歯リスクが高まりますので、磨き残しが出ないよう、念入りに行いましょう。

■奥歯の噛む面、歯と歯茎の境目、歯と歯の間をしっかりと
虫歯ができやすい場所というのは大体決まっています。それが奥歯の噛む面、歯と歯茎の境目、歯と歯の間の3箇所なのですが、歯ブラシを当てる際にはこの3箇所を意識して狙って磨くと良いでしょう。ただ、歯と歯の間はすきっ歯のお子さんでない場合、歯ブラシが入りませんので、糸ようじを使って磨くようにしましょう。

■歯ブラシの当て方
歯ブラシは歯に対して90度に当て、歯2本くらいを同時に磨くような感じで、軽い力で小刻みに動かし、1箇所につき20往復くらいすると良いでしょう。歯の外側、内側、噛む面に分けて磨くようにしましょう

 カテゴリ:未分類

歯の治療を中断するとどうなる?

仕事などで忙しくて予定が取れない、特に痛みがない、という理由で治療を中断してしまう人がいます。治療を中断すると、治療内容によっては困った状態になってしまうことがあります。特に困った状態になるのは次のような場合です。

■歯型を取って、詰め物や被せ物をする前に中断した場合
虫歯を削った後、型取りをして仮封のまま来院されなくなった場合、せっかく取った虫歯が再発してしまったり、仮封が外れて痛みが出たり、歯が移動してしまって、出来上がった詰め物や被せ物が合わなくなってしまうことがあります。虫歯を削って型を取ったら、なるべくキャンセルせず、早めに来院するようにしましょう。

■根の治療中に中断した場合
根の治療は根の中がきれいに消毒されるまで、通院して治療を受ける必要があります。それを途中でやめてしまうと、中の細菌が増殖し、状態が悪化してしまい、大きく腫れたり強い痛みを出したりすることがあります。そして、あまりに長く放置すると、抜歯をしなければならなくなってしまいます。

歯の治療は中断するとそのままの状態が続くわけではなく、歯は悪くなってしまいます。くれぐれも中断はしないようにしましょう。

 カテゴリ:未分類

歯科治療を受ける際に注意が必要な病気や薬とは

歯の治療を受ける場合、歯だけの治療なんだから、全身のことは関係ないと思っている人もいるかもしれません。しかし、歯の治療においては麻酔を使ったり、出血を伴ったりする治療が多くあるため、全身状態や服用薬によっては注意が必要な場合があります。主に次のようなケースでは歯科医師に全身の状態や服用薬について事前に話しておきましょう。

1.血液の流れを良くする薬を服用している場合
血液をサラサラにする薬、例えば「ワーファリン」や「小児用バファリン」などを服用している
場合、出血を伴う処置では血が止まりにくくなることがあるので注意が必要です。

2.糖尿病の患者さん
糖尿病の人は免疫力が低下しており、特にきちんとコントロールされていない人は感染症を起こす可能性があるため、出血を伴う処置では注意を要します。

3.骨粗鬆症の患者さん
骨粗しょう症の患者さんで、ビスホスホネート(BP)系薬剤を服用中の人は、抜歯やインプラントなどの手術で顎の骨が壊死してしまう場合があることが報告されています。

4.感染症のある患者さん
特に肝炎やエイズなどの感染症を抱えている人は、感染対策を十分に行う必要があるため、忘れずに事前に歯科医師に伝えておきましょう。

これらの他にも、全身疾患がある場合や現在服用中の薬がある場合は、忘れずに歯科医師に伝えておくことが、歯科治療を安全に進めていく上で大切です。

 カテゴリ:未分類

歯科治療を受けた後の食事で気をつけること

歯科治療の後は、治療内容によっては食事をする上で気をつけないといけない場合があります。次のような処置をした後はそれぞれ以下のことに気をつけましょう。

1.注射の麻酔を受けた時
注射の麻酔後は麻酔が切れるまでに2、3時間ほどかかることがあります。しびれが残っている状態で食事をすると、誤って口の中や唇を噛んでしまったり、温度がわからずやけどをしてしまったりすることがありますので、できれば食事は麻酔が切れてからするのが望ましいでしょう。

2.抜歯(外科処置)をした時
抜歯をはじめとする外科処置後は麻酔がしばらく効いているのと、出血に気をつける必要があります。そのため、麻酔が切れてから食事をすることと、特に抜歯をした後は抜いた穴に溜まった血餅(血のかさぶた)が取れてしまわぬよう、気をつけましょう。

3.仮詰めをした時
仮詰めをした場合には、その材料が固まるまでに時間がかかることがあります。そのため、治療後すぐは食事を避け、少なくとも30分から1時間くらいは待つようにしましょう。また、仮詰めの部分では噛まないように気をつけましょう。

4.新しい詰め物やかぶせ物が入った時
詰め物やかぶせ物をくっつけているセメントが固まるまでに通常30分ほどかかります。そのため、食事は最低治療後1時間くらい経ってからするのが良いでしょう。

5.ホワイトニング後
ホワイトニング施術直後の食事は避け、少なくとも1時間くらい待って食べるようにしましょう。また、施術後24時間は色の濃いものは口にしないようにしてください。

 カテゴリ:未分類

歯が強い人、弱い人

世の中には歯が強い人、弱い人というのは確かに存在するようです。この両者を分ける決め手となるものにはどのようなものがあるでしょうか?

まず、体質というものは確実にあるようです。生まれついての細菌への抵抗力や唾液の質、量などは歯や歯茎の強さに関係してきますし、その他にも稀なケースでは、生まれつき歯がきちんと形成されない場合には当然歯が弱くなります。

虫歯菌の数も虫歯のかかりやすさを左右します。虫歯菌は生まれたばかりの赤ちゃんにはいませんが、成長するにつれ、家族の人から感染します。特に年齢が小さい時に感染するほど、生涯にわたって虫歯菌を持つことになり、虫歯にかかりやすくなると言われています。

歯並びの良し悪しも歯の健康に大きく関わってきます。歯並びが悪いと、歯を磨きにくくなるため、虫歯や歯周病にかかるリスクが高まります。また、出っ歯のように口が閉められないような歯並びは口の中を乾燥させてしまい、口の中の自浄作用が落ちて虫歯や歯周病にかかりやすくなります。

食事の仕方は歯の状態に大きく関係してきます。甘いものや酸っぱいものを頻繁に摂取する人は歯が悪くなりやすいですし、あまり噛まなくて済むような柔らかいものばかり食べている人も、歯垢が溜まりがちとなり、歯や歯茎を悪くしてしまいがちです。

このように、生まれついての要因も歯の強さを決める大きなファクターとなりますが、大抵は後天的なことが原因となっています。

 カテゴリ:未分類

歯がないと抑うつになるリスクが高くなる

高齢者で歯が全くない人や、硬いものが食べにくくなったと感じている人は、歯が健康でよく噛める人に比べて気分が落ち込みやすい「抑うつ状態」になるリスクが高くなることがわかりました。これは神奈川歯科大学が65歳以上の約1万4000人を対象に、歯や口の健康と精神的健康との関連を調査した研究によって明らかになりました。

この研究によると、歯が全くない人は歯が20本以上残っている人に比べて1.28倍、半年前よりも硬いものが食べにくくなったと感じている人はそうでない人に比べて1.24倍、抑うつ状態になりやすいということです。

つまり、高齢者にとって、食事の楽しみというのは大変重要であり、それが奪われることは精神的な健康をも奪ってしまいかねない、ということが言えるかと思います。歯の健康に気を使い、大事にしていくことで、全身のあらゆる病気から身を守ることになるのはすでにあらゆる研究で分かってきていますが、よく噛めることは精神の健康のためにも非常に大切だ、ということです。皆さんも「歯の健康は心身の健康につながる」ということをぜひ心に留めていただき、より一層歯を大切にしていただけたらと思います。

 カテゴリ:未分類 and tagged

最近増えている、口腔アレルギー症候群とは?

日本では花粉に対するアレルギーを持つ人はだんだんと増え続けており、今や、4人に1人が花粉症だと言われています。そして口腔アレルギー症候群の人も同様に増えているそうです。この口腔アレルギー症候群、花粉食物アレルギー症候群とも呼ばれており、その名のように、花粉や食べ物によってアレルギー反応を起こすのですが、そのアレルギー反応を起こす場所はほとんどの場合、口周辺に限られています。

口腔アレルギー症候群は花粉症を持っている人がかかることが多く、ある種の果物や野菜やナッツ類を食べると、食後15分以内くらいで口の周囲(唇、舌、喉など)にイガイガ感やかゆみを感じ始めますが、その後は大抵ひどくならずに症状は治まってしまいます。ですが、中には、頻度としては少ないですが、顔や体が痒くなったり、喉が腫れて息苦しさを感じたり、喘息のような症状が出たり、下痢嘔吐などの症状が出ることもあります。

花粉症の人が口腔アレルギー症候群を起こしやすい理由として、花粉と野菜や果物などのアレルゲンの構造がよく似ていることがあるためだとされています。口腔アレルギー症候群を起こす頻度が高い食べ物として、りんご、もも、キウイ、さくらんぼ、トマト、メロンなどが代表的です。これらの食べ物で何らかの異変を感じる場合には、なるべく食べないのが一番ですが、加熱すれば問題なくなることが多いようです。

 カテゴリ:未分類 and tagged

骨粗鬆症の薬を服用中の人は抜歯に要注意

骨粗鬆症(こつそしょうしょう)とは骨の密度が低くなってスカスカになってしまう病気のことですが、特に閉経後の女性に多くみられ、50歳以上の3人に1人がかかっているとされています。

そのくらい身近な病気である骨粗鬆症ですが、骨粗鬆症の治療を受けている人は歯科で治療を受ける際に注意が必要です。具体的には、骨粗鬆症の治療としてビスホスホネート(BP)系薬剤を服用している人は、抜歯を始めとする外科的な治療を受けると、骨が壊死してしまう危険性があるのです。

BP系薬剤は古くなった骨を壊す破骨細胞の働きを抑えて、骨粗鬆症の進行や、癌の骨転移などを防ぐ効果がありますが、この薬を飲んでいる患者さんが抜歯やインプラントのような外科治療を受けると、まれに骨が壊死することがわかっています。特に歯周病のような口の中の感染症があると、そのリスクが高くなると言われています。そのため、そのリスクを低くするために、お口の中を清潔にすることを心がけることがとても大切になってきます。

骨粗鬆症で治療を受けている方は、歯科治療を受ける際には必ずその旨を伝えておくのを忘れないようにしてください。

 カテゴリ:未分類 and tagged

口を清潔に保ってインフルエンザを予防しましょう

インフルエンザ予防には手洗い、うがい、マスクの装着、ワクチン接種などのような方法が効果的と言われますが、実はその他にもインフルエンザ予防にとても効果的な方法があるのをご存知ですか?それは歯磨きをしっかりと行って口の中を清潔に保つことです。

歯磨きをする理由として虫歯・歯周病・口臭予防がまず頭に浮かびますが、口の中をきれいにすることはインフルエンザのような感染症を防ぐのにも役立ちます。インフルエンザウイルスは口や鼻から入り込み、喉や鼻の奥の粘膜から細胞に入り込んで増殖していきます。粘膜は、ある種のタンパク質によって表面が保護されており、それがウイルスの侵入を防いでいるのですが、「ある種の酵素」が存在すると、そのタンパク質を破壊してしまい、インフルエンザにかかりやすくなることがわかっています。

そしてその「ある種の酵素」は、歯垢や歯石の中にいる細菌によって作り出されていることがわかっています。そのためこれらの細菌が多いほど、酵素が増え、インフルエンザにかかりやすくなるのです。

そのため、口の中を清潔に保つことがインフルエンザに効果的というわけです。特に免疫力の弱っている高齢者ではインフルエンザが命取りになります。要介護の方がいらっしゃるご家庭ではお口のケアも忘れずにしてあげることをおすすめします。

 カテゴリ:未分類