カテゴリ: 口臭予防

銀歯や差し歯が臭い!なぜ臭う?

銀歯や差し歯の部分を吸うと変な味がしたり、銀歯や差し歯が外れた時に変な匂いがしたりすることがあります。あまり気持ちのいいものではありませんし、この匂いは口臭となって外に出ている可能性もあります。これは、銀歯や差し歯と歯との間にできた隙間に繁殖した細菌が原因になっています。銀歯や差し歯というのは金属を使用していますが、金属と歯とをくっつけているセメントが噛み合わせの力で徐々に粉々に砕けてしまったり、だんだんと劣化し、唾液で溶け出してしまうため、その部分に細菌が入り込んでしまうのです。そのため、その部分から嫌な匂いや味がしたり、虫歯ができてしまったり、外れてしまったりするのです。

銀歯や差し歯はセメントだけでなく、それ自体も劣化するため、一般的には数年ごとにやり直しが必要になります。お口のケア状態がとてもいい人では、銀歯であっても長く良い状態を保っている場合もありますが、ケア状態が悪い人は短期間でダメになってしまうこともあります。毎日の歯ブラシはもちろんのこと、歯科医院で定期的に銀歯の状態の確認をしてもらうことや、クリーニングを怠らないことが、銀歯や差し歯をなるべく良い状態に保つことにつながります。

 カテゴリ:口臭予防

歯茎から嫌な臭い(味)がする時

歯茎の特定の場所を吸ったりすると嫌な臭いや味がする場合、何か好ましくないことが起こっているサインだと考えてよいでしょう。このような嫌な臭いや味がする場合、次のようなことが原因になっている可能性があります。

■詰め物・かぶせ物が合っていない
詰め物やかぶせ物が入っている歯から嫌な臭いや味がする場合、虫歯などが原因で隙間ができ、その部分に細菌が繁殖していることが考えられます。

■歯周病
歯周病が進行するにつれ、歯と歯茎の間にある歯周ポケットが深くなってきます。そうすると、そこに溜まった細菌や膿の匂いにより嫌な臭いや味がしてきます。

■頑固な磨き残し
磨き残しが蓄積すると、細菌が多く溜まって悪臭のもとになります。特に歯と歯の間やブリッジの連結部分などは汚れが溜まりやすいため、悪臭を発生しやすい傾向があります。

■進行した虫歯
虫歯が酷くなってきて穴が空くと、その部分に汚れが溜まって腐敗臭を放ちます。また、虫歯が進行して神経が死ぬと、その部分から壊疽臭がするようになります。

■根尖病巣
根尖病巣というのは、歯根部分が感染して歯根の尖端部分に膿の袋ができる状態のことですが、この膿の袋が膿の排出口を求めて歯茎の表面に穴を開けて膿が排出されることがあり、そこから膿の臭いや味がすることがあります。

しっかり磨いていても、異常な味やにおいが続く場合、何らかの異変が起こっている可能性が高いので、早めに歯科を受診することをおすすめします。

 カテゴリ:口臭予防 and tagged ,

口臭でわかる!こんな病気

口の臭いというのは誰にでもあります。朝起きた時などは誰でも多かれ少なかれ臭いますし、空腹時や口が渇いている時には臭いやすいものです。しかし、歯磨きを怠っているわけではないのに口臭がひどい場合には、口の中や体の何らかの病気が原因になっている可能性があります。

■口臭がひどい時に疑われる病気

1.歯周病
特に重度の歯周病では魚が腐った臭い、ドブのような臭いと形容されるような臭いを放ちます。

2.虫歯
小さな虫歯は臭いませんが、虫歯が進んで神経が死んだり、化膿したりすると悪臭を放ちます。

3.扁桃腺の病気
扁桃腺の炎症、扁桃腺肥大、膿栓というカスが詰まっている場合、強い口臭を発することがあります。

4.蓄膿症
鼻炎などがひどくなると、鼻の横に位置する副鼻腔に膿が溜まり、膿の臭いが口臭となって出てきます。

5.呼吸器の病気
特に肺に病気を起こすと、「肉が腐った臭い」がすると言われています。

6.消化器系疾患
胃腸に問題があると卵が腐ったような臭いがすると言われています。

7.糖尿病
糖尿病の患者さんの吐く息は甘酸っぱい臭いがすると言われています。

8.腎臓病
腎臓に問題があると、吐く息からおしっこのような臭いがすると言われています。

9.肝臓病
肝臓に問題が起こると、「ケモノの匂い」と例えられるような、動物臭い臭いがすると言われています。

 カテゴリ:口臭予防 and tagged ,

要注意!舌苔(ぜったい)は絶対に取りすぎないで

舌苔とは、舌の上にまるで苔が生えているように付いている付着物のことです。色は白っぽいことが多いですが、中には黄色や茶色、黒っぽくなることもあります。また、厚さも全く付いていないものから分厚く付いているものまで様々です。この舌苔は口臭の原因になることでもよく知られており、よく、「口臭予防のために舌磨きを必ずしましょう」などと言われています。

しかし、舌磨きに関しては注意が必要です。舌磨きをする前には必ず、舌の状態をまず確認してみてください。もしも分厚くたっぷりとついているならば、口臭の原因となっている可能性が高いので、舌ブラシ、またはやわらかい歯ブラシでそっとなでるように舌苔を取り除いてみましょう。

もしも舌苔が白くうっすらついている場合、それは健康な状態の舌苔です。このような場合は口臭の原因になっていることはほとんどないとされているため、舌苔を取る必要はありません。逆にこのような状態から無理に舌苔を取り除いてしまうと、舌が傷つき、剥がれた細胞がさらに舌の表面に蓄積したりすることで、舌苔が増える原因になり、逆に口臭が酷くなると言われています。

舌苔を取り除く場合はまず舌苔の状態を確認してから、そしてくれぐれも取りすぎないように注意してくださいね。

 カテゴリ:口臭予防

子供の口臭の原因

子供の口がなんだか臭い・・というような時、口臭の原因は大人とはちょっと違う場合が多いです。大人の場合の口臭は歯周病が原因であることが多いですが、子供の場合は次のようなことが主な原因になっています。

1虫歯
乳歯は虫歯にかかりやすく、進みやすいのが特徴です。表から虫歯がないように見えても、奥歯の歯間には虫歯ができやすく、実は大きな穴が空いていた、というようなことも。その大きな穴に細菌や食べかすなどがたまると、臭いの原因になります。

2.きちんと磨けていない
特に混合歯列期(乳歯と永久歯が混在している時期)は、歯と歯の間に段差ができて磨きにくく、汚れが溜まりやすい傾向があり、臭いの原因になることがあります。

3.口呼吸
鼻が詰まっていたり、小さな頃に風邪を頻繁にひいたりしたことが原因で口呼吸が癖になってしまっている場合、口の中の唾液が乾いてしまって細菌が洗浄されずに増殖し、臭いが強くなります。

4.鼻炎・風邪
鼻炎があったり、風邪で扁桃腺に炎症があると、膿が溜まって臭いを発する原因になります。また、風邪で抵抗力が落ちていると、口の中に細菌が繁殖しやすくなるのも口臭の原因になります。

風邪を引くとどんなお子さんでも口臭が強くなる傾向がありますが、常に臭いという場合は一度原因を調べてもらったほうが良いでしょう。

 カテゴリ:口臭予防 and tagged , ,

口臭の原因はコレかも!膿栓の正体とは

ふとした時に喉の奥から変な匂いがすることはありませんか?こんな場合、「膿栓(のうせん)」が原因かもしれません。膿栓とは「臭い玉(においだま、または、くさいだま)」と呼ばれているもので、くしゃみや咳をした時に出てくることのある、表面がツルンとした白っぽい塊です。

ご飯粒のような、ピーナッツのかけらのような感じにも見えますが、指でつぶすとものすごい悪臭がします。これは一体どこから出てきているのかというと、喉の奥の口蓋扁桃と呼ばれる部分で、一般的にはよく扁桃腺と呼ばれています。

この口蓋扁桃と呼ばれる部分はリンパ組織で、外部から侵入してきた細菌やウイルスなどをやっつけ、体内に入り込ませないような働きをしています。そのため、死滅したウイルスや細菌、リンパ球や白血球の死骸、食べかすなどいろいろなものがそこにたまり、膿栓を形成するのです。

このように免疫の働きで作られるのが膿栓であるため、誰にでも膿栓はできる可能性があります。そのため膿栓が出てきても、口の奥から変な匂いがしてもそれは病気ではありませんので心配はいりません。

膿栓が気になると言って、無理に取ろうとする人がいますが、これはあまりオススメできません。偶然に出てくるのを待つか、喉うがいをこまめにして取れるのを待つのが一番です。

 カテゴリ:口臭予防 and tagged , ,

よく噛んでよくしゃべることが口臭予防に

口臭予防は歯磨きやマウスウオッシュをしておけばいい、と思っていませんか?確かに一時的な口臭予防としてはその方法も効果はあります。しかし、それだけでは口臭予防としては不十分です。口臭を予防するためには、実はお口の中にある唾液がとても重要な役割を果たしています。そして、その唾液を出すためには「よく噛む」「よくしゃべる」ということがとても重要なのです。

唾液には「抗菌作用」やお口の中の汚れを洗い流す「自浄作用」という働きがあります。そのため、唾液が不十分な状態ではお口の中が細菌でいっぱいになってしまい、強い口臭を発するようになるのです。

最近は、あまり噛まなくても食べられるようなやわらかな食べ物が多く、人々はあまり「噛む」という運動をしなくなっている傾向があります。また、インターネットなどの通信手段が発達してきたことで「人と話す」ということが昔に比べて断然減ってきています。

つまり「噛む」「話す」という運動をしなくなってきたことによって、唾液腺が刺激されず、唾液腺の機能が衰えてしまっている可能性があるのです。また、唾液が減ると虫歯や歯周病にもなりやすくなります。皆さんもお口の健康と口臭予防のために、意識して「よく噛む」「よくしゃべる」ことを心がけてみてくださいね。

 カテゴリ:口臭予防 and tagged , , ,

舌苔のつき方で体調がわかる

舌苔(ぜったい)とは舌の上についている付着物で、白や白黄色をしている場合が多いですが、口臭の原因となる、ということで最近だんだんと知名度が上がってきています。

この舌苔の正体は細菌、食べカス、舌の粘膜が剥がれ落ちたもの、細菌が作り出す代謝産物などで、大量につくとまるで硫黄のような匂いを発し、口臭の原因となります。

舌苔は口臭を引き起こす原因になるので積極的に取り除いた方がいいと思われがちですが、実は健康な場合には舌苔はうっすらと白くついているものであり、そしてもちろんこの場合には舌苔を取る必要はありません。そもそも薄くついた舌苔は口臭の原因にはなりません。

もしも白や黄色い舌苔がべったりついている場合には胃の調子が悪くなっていたり、体調不良、唾液が減っていることなどが考えられます。黒い舌苔がついている場合、体調不良が長く続いて、口の中の細菌バランスが崩れてしまった場合によく起こります。一方全く舌苔がないのもよくありません。このような場合、鉄分やミネラル不足が考えられます。

舌苔が分厚くついてしまっている場合には、舌を傷つけることのないように、舌のブラシややわらかい歯ブラシで舌の表面をやさしくこすり取る程度にしておきましょう。

 カテゴリ:口臭予防 and tagged , ,

歯周病や虫歯がないのに口が臭いヒトの特徴

どんなに容姿が美しくても口臭がひどくては全てが台無しですね。でもなかなか自分の口臭は分かりにくいものです。口臭の原因は複数ありますが、歯周病や虫歯がなくても口臭がある場合、次のようなことが口臭の原因になっている可能性があります。

1.歯石がすぐたまる
歯石がたまりやすい人は歯石のざらついた表面に細菌が繁殖しやすいため口臭が強くなります。

2.歯磨きをあまりしない
食後に歯磨きをしないと、食べカスが腐敗したり、細菌が繁殖して臭いを放ちます。

3.口呼吸をしている
口で呼吸をしていると、口の中が乾燥して細菌が増殖しやすい環境になります。

4.半分埋まった親知らずがある
親知らずが歯茎に埋もれていると、その部分が不潔になりやすく悪臭の元になります。

5.銀歯がたくさん入っている
銀歯と歯の境目には汚れがたまりやすく、口臭の原因になることがあります。

6.コーヒーをよく飲む
コーヒーは舌の表面にコーヒー豆の細かい粒子がたまりやすく、口臭の原因になると言われています。

7.タバコを吸う
タバコそのものの臭いに加え、タバコを吸うと口の中が乾くため口臭がさらにきつくなります。

8.口がよく乾く
ストレスや薬の副作用など理由はさまざまですが、唾液の分泌が落ちて口の中が乾いてしまうことがあり、口臭が強くなることがあります。

どうでしょうか?思い当たるものはありましたか?自分で改善できるところはぜひ改善してみましょう。もしもなかなか口臭がなくならない場合は一度歯科で相談してみましょう。

 カテゴリ:口臭予防 and tagged ,

口臭はどのくらいの距離まで届いてる?

自分の口臭に自信のある人はどれくらいいるでしょうか?お口の臭いというのは自分ではよくわからないだけに、時々「自分の息は臭くないだろうか?」と気になってしまうことがありますよね。気にしすぎて人と話すのが億劫になっている人もいるかもしれません。

口臭には誰にでも起こる、例えば起床時や緊張時に現れる生理的口臭と、歯周病や虫歯、また体の病気が原因で引き起こされる病的口臭があります。口臭がとどく距離というのは生理的口臭と病的口臭では異なってきます。

生理的口臭の場合、30〜50㎝くらいの距離で認識できると言われています。通常、この距離で話すのは家族や恋人間などごく親しい間柄に限られるので、それ以外の人とある程度距離を置いて話す分にはそれほど気にしなくてもよいでしょう。

それに対し、病的口臭は通常、口臭の程度が強いため、より離れた距離でも臭いが認識できます。臭いの強さによっても変わってきますが、無風の場合、1mくらいでも臭いがわかると言われています。臭いがひどい場合には2メートル以上離れていても臭ってしまうことがあります。これでは社会生活を送る上で支障が出てしまいますね。

病的口臭のほとんどは歯周病や虫歯が原因ですから、これらの病気を予防、治療することで爽やかな息をめざしましょう。

 カテゴリ:口臭予防 and tagged , ,