カテゴリ: 八重歯

日本人と八重歯

日本において八重歯というものは、どちらかというと「可愛い」と捉えられることが多く、芸能人でも八重歯の人がいるくらいですが、海外、特に西洋社会ではドラキュラを連想させることからネガティブなイメージを持たれることが多いようです。

そもそも日本で八重歯が可愛いと思われる理由として、「若さを象徴している」「日本文化の幼児性が潜んでいる」そして、「未完成の美としての魅力がある」ということがあるのではないか、と1988年の矯正歯科医による論文で考察されています。つまり、日本人の他の国に例を見ない「八重歯好き」には日本の歴史的、文化的背景が大きく関係している可能性があると考えることができます。

そのため、八重歯の人で矯正治療を希望せず、あえてそのままにしておく人は日本において多く見られますが、八重歯を放置しておくことはあまり好ましいとは言えません。その理由として八重歯であると、噛み合わせの運動をする際に他の歯にダメージを与えてしまうことや、歯磨きがうまくできないために虫歯や歯周病になりやすい、ぶつかったりしたときに怪我をしやすい、というようなことが挙げられます。このような理由があるため、八重歯はたとえ可愛らしくても矯正をしたほうがいいのです。

 カテゴリ:八重歯 and tagged ,