カテゴリ: 入れ歯

入れ歯の汚れやすい場所とは?

自分の歯と同じように、入れ歯にも汚れが溜まりやすい部分というのがあります。そのため、適当に磨いていると、磨き残しがたくさん出てしまいます。義歯洗浄剤を使っていても、基本として、汚れというのは機械的にこすって落とさなければ落ちません。歯の健康のためにも、入れ歯の汚れやすいポイントを知り、清潔な状態を保ちましょう。

■総入れ歯の場合
総入れ歯の場合、歯と歯の間のくぼみの部分と、歯と歯ぐきの間部分がまず一つ。そして入れ歯の裏側の部分(粘膜に触れる部分)のくぼみにも汚れが溜まりやすくなります。

■部分入れ歯の場合
総入れ歯と同じく、歯と歯の間、歯と歯ぐきの間、入れ歯の裏側が汚れやすいのに加え、歯に引っかかる「クラスプ」と呼ばれる金具に特に汚れが溜まりやすくなります。普通の歯ブラシよりも、入れ歯専用歯ブラシを使うと、より細部まで磨きやすいでしょう。

一般的に、入れ歯の端っこの部分というのはブラシがきちんと当たっていないことが多いようです。きちんと磨けていないと、入れ歯にも歯石が付いてきたり、菌や細菌が繁殖して口の中に炎症を起こすこともあります。入れ歯は毎食後必ず磨き、ポイントを狙って磨き残しを溜めないようにしましょう。

 カテゴリ:入れ歯

入れ歯が合わない原因とその対策法

入れ歯が合わない場合、原因としては次のようなことが考えられます。対策法も一緒にご覧ください。

1.まだ慣れていない
入れたばかりの入れ歯が最初っからぴったり合う、ということのほうが珍しいと考えたほうが良いでしょう。最初のうちは歯ぐきが圧迫されて長くはめていられない、ということもよくあります。通常は使っていくうちに馴染んでいくことが多いです。

2.入れ歯の内面が歯ぐきに合っていない
入れ歯の内面に粘膜を強く圧迫する部分があると痛みを感じます。なぜこのようなことが起こるかというと、型取リ時の歯ぐきの形と、実際にものを噛んでいる時の歯ぐきの形が違うためです。これは内面を修正することで解決します。

3.噛み合わせが合っていない
どこかの噛み合わせが強く当たっている場合、その部分が強く粘膜を押すため、痛みを感じます。噛み合わせを調整することで解決します。

4.入れ歯のふちが当たる
入れ歯のふちが粘膜に食い込む場合です。これはふちの長さを調整することで解決します。

5.歯ぐきが敏感
中には歯ぐきが薄くて敏感な人もいます。このような場合はなかなか馴染みにくいことが多いですが、慣れで解決したり、入れ歯の裏側に柔らかいシリコンを裏打ちすることで使えるようになることが多いようです。

6.唾液が少ない
口の中が乾燥し気味だと、粘膜が荒れやすく、痛みを感じやすくなります。唾液腺を刺激するためによく噛み、よくしゃべる、ガムを噛む、または人工唾液などを使用する方法もあります。

 カテゴリ:入れ歯

知っていますか?入れ歯の正しい保管方法

せっかく入れた入れ歯、できるだけ長く調子よく使っていきたいものですよね。そのためには入れ歯を正しい方法で保管することはとても重要です。

まず第一に、入れ歯は起きている時はなるべくはめておくようにしましょう。何日もはめるのを忘れたりしていると、歯が動いて入れ歯が入らなくなったり、噛み合わせがずれてしまうことがあります。また、入れ歯をはめて噛み合わせを安定させておくことは、体のバランスをとるためにも大変重要です。ただし、はめて痛い時は無理をせず、早めに歯医者さんで診てもらいましょう。

そして、眠っている間は逆に、外すようにしましょう。時々、眠っている時にもはめたまま、という人がいますが、これは衛生的に、また小さな入れ歯の場合は誤飲の危険性の面でもおすすめできません。

入れ歯は乾燥に弱いため、外しておく際は、何か容器に水を入れて、その中につけておきましょう。できれば入れ歯洗浄剤につけておくと衛生的な面でもベターです。

おすすめできないのは、ちょっと外しておくときなどに、ポケットに入れておいたり、ティッシュに包んでおくことです。力がかかって変形してしまったり、ゴミと間違えて捨ててしまうことがあるからです。また乾燥して変形する危険性もあります。

ただ、入れ歯と言っても様々な種類があります。それぞれの詳しい保管方法は歯医者さんによく聞いておきましょう。

 カテゴリ:入れ歯 and tagged

メリットがいっぱい!ノンクラスプ義歯とは

皆さんは部分入れ歯というとどのようなものを思い浮かべるでしょうか?おそらく歯にかかる金具の付いた入れ歯なのではないでしょうか?健康保険の範囲内で入れ歯を作ると、確かに通常このような入れ歯になります。

しかし、保険内の部分入れ歯にはいくつかデメリットがあります。まず第一に、場所によっては金具が目立って、入れ歯が入っていることが他人に気づかれてしまうこと、そして金属アレルギーの問題、さらには金具がかかる歯が虫歯になりやすかったり、金具に揺さぶられて歯周病が悪化しやすい、というようなことが挙げられます。

現在、保険外の入れ歯ではこのようなデメリットを払拭するような入れ歯が次々に開発されてきています。その中でも、上で挙げた保険の入れ歯のデメリットを全て解決している入れ歯が「ノンクラスプ義歯」というものです。これはつまり、「ノン=ない」、「クラスプ=歯にかかる金具」ということで、金具を一切使わない入れ歯です。

つまり、ノンクラスプ義歯は次のような特徴を持っています。

・入れ歯を入れていることに気づかれにくい
・金具が歯にかからないため、入れ歯を支えている歯を傷めにくい
・金属アレルギーの心配がない
・特殊なプラスチックを使っているため、フィット感があり外れにくい

ノンクラスプ義歯は入れ歯に抵抗にある若い人でも使いやすい入れ歯で、最近とくに人気が出てきています。気になる人は一度歯医者さんに相談してみましょう。

 カテゴリ:入れ歯 and tagged

入れ歯安定剤の選び方

入れ歯を使っている人の悩みとして多いのが「外れやすい」とか「入れ歯と歯茎の間にものが入り込んで痛い」というようなことです。このような場合はもちろん歯医者さんに診てもらって調整をしてもらったほうがよいのですが、事情があってすぐに行けない、予約がすぐ取れない、などの理由でそれまでになんとかしたい場合もあるでしょう。

このような場合に便利なのが市販の入れ歯安定剤です。現在市販されているものには次のようなものがあります。

1.粘着タイプ
・粉末(パウダー)状
・クリーム状
・シート状

2.クッションタイプ

このように幾つか種類があり、入れ歯の状態によって使い分けます。

まず、入れ歯を入れたばかりで違和感が気になるという場合には、薄く粘膜を保護する、粘着タイプの粉末状のものがおすすめです。入れ歯を長く使っていて、歯茎が痩せて入れ歯と歯茎の間に隙間が開いたところに食べカスが入ってしまう、という場合には粘着性の高いクリーム状やシート状のものが適しています。

また、隙間がさらに広がり、入れ歯がカタつき安定しないような場合はクッションタイプのものがよいでしょう。

しかし、自費の金属製義歯や、金具のついた部分入れ歯には使えないものもありますので、買う前に一度よく説明書きを読んでおくことをおすすめします。

また、このような安定剤をずっと使い続けることは好ましくありません。あくまでも歯医者で診てもらうまでの一時的な使用にとどめましょう。

 カテゴリ:入れ歯 and tagged ,