子供の仕上げ磨きのポイントは?

お子さんの歯磨きの仕上げ磨き、できればお子さんが高学年に上がるまではやってあげたほうが良いですが、その際、どんなところに気をつけて磨けば良いのでしょうか?ポイントをまとめてみましたのでぜひ参考にしてみてください。

■夜寝る前には特に念入りに
お子さんの歯磨きは1日に朝と夜の最低2回は行いましょう。仕上げ磨きはできれば毎回やってあげたほうが良いですが、朝はなかなか忙しくて時間も取りにくいと思いますので、朝はサッとやる感じでも構いません。夜眠っている間は虫歯リスクが高まりますので、磨き残しが出ないよう、念入りに行いましょう。

■奥歯の噛む面、歯と歯茎の境目、歯と歯の間をしっかりと
虫歯ができやすい場所というのは大体決まっています。それが奥歯の噛む面、歯と歯茎の境目、歯と歯の間の3箇所なのですが、歯ブラシを当てる際にはこの3箇所を意識して狙って磨くと良いでしょう。ただ、歯と歯の間はすきっ歯のお子さんでない場合、歯ブラシが入りませんので、糸ようじを使って磨くようにしましょう。

■歯ブラシの当て方
歯ブラシは歯に対して90度に当て、歯2本くらいを同時に磨くような感じで、軽い力で小刻みに動かし、1箇所につき20往復くらいすると良いでしょう。歯の外側、内側、噛む面に分けて磨くようにしましょう

  カテゴリ:未分類