子供の歯肉炎を放置すると歯周炎に発展する恐れが

子供はよく歯肉炎になります。歯肉炎というのは、歯磨きが行き届いていない時に、歯に溜まった歯垢が原因となって歯茎に炎症を起こし、赤く腫れたり出血しやすくなるものを言います。歯肉炎は歯周病の初期の段階にあたり、病気にかかっている場所は歯茎に限定されています。しかし、この状態を改善せずに放置していると、成人以降に「歯周炎」と呼ばれる、骨の破壊を伴う歯周病に発展していく恐れがあるので注意が必要です。

子供の歯肉炎は大抵歯磨きをしっかりと行うことで改善し、治ってしまう場合がほとんどです。そして、それそのものが直接歯を失う原因とはならないので、軽視されがちな傾向があります。しかし、そのような歯肉炎であっても、ずっとその状態を放置してしまうことで、将来的に歯を失う原因として恐れられる歯周炎にかかりやすくなることがわかっているのです。

特に、思春期以降は「思春期性歯肉炎」と呼ばれる歯肉炎にかかりやすくなります。これはホルモンの変化に加え、自分の好きなものを買って食べるようになったり、歯磨きが親の手から離れてしまったりする、というような理由からかかりやすくなるとされています。そのため、お子さんがある程度大きくなってからも、親御さんがお口の状態を気にかけて、アドバイスしてあげることが大事です。

  カテゴリ:小児歯科 and tagged , , ,