子供のうちに矯正をするメリット

歯の矯正治療は、幼児期・学童期から行う方法、永久歯が生えそろってから行う方法があります。お子さんの歯並びが気になる方は、いったいどちらの方が良いのだろう?と疑問に思うかもしれません。幼児期・学童期から始める矯正治療のことを小児矯正と呼びますが、小児矯正のメリットとして次のようなことが挙げられます。

■抜歯をせずに矯正できることが多い
小児矯正では、顎の骨の成長を促しながら歯を並べることができるため、「歯を並べるためのスペースが不足する」ということが起こりにくくなります。そのため、成人矯正(永久歯が揃ってから行う矯正)のように、歯を「間引いて」並べるというようなことをしなくて済む可能性が高くなります。

■理想的な仕上がりになりやすい
顎の骨の成長をコントロールしながら理想的な位置に歯を誘導し、並べることができます。

■目立たない装置で矯正できることが多い
小児矯正では、目立たない装置を使うことが多いため、装置が見えるのがコンプレックスになる、というようなことがありません。

■治療費が安く済むことが多い
小児矯正は成人矯正に比べ、一般的に治療費がかなり安く設定されているため、治療費を安く抑えられることが多いです。

  カテゴリ:小児矯正 and tagged , ,