乳歯に詰め物、被せ物しても生え変わりに問題ない?

乳歯に詰め物や被せ物の治療をする際、永久歯への生え変わりがきちんと起こるのか、質問を受けることが意外と多くあります。詰め物や銀歯が生え変わりの妨げになるのではないか?と思う人が多いのでしょう。答えから先に言いますと、詰め物や被せ物が生え変わりの妨げになることはありません。

これは乳歯から永久歯への生え変わり方を知れば簡単に理解できます。永久歯の生え変わり時期が近づくと、埋まっている永久歯が骨から歯茎に向かって近づいてきます。そうすると永久歯の頭が、乳歯の根っこを溶かし始めます。そうするうちに、乳歯の根っこはだんだんと短くなり、しまいには骨に埋まっていることができず、ポロッと抜け落ちるのです。

このように、乳歯が抜け落ちるメカニズムには乳歯の根っこしか関係しないため、歯茎から頭を出している部分にどんな大きな詰め物や被せ物が入っていたとしても、永久歯の生え変わりを邪魔することはないのです。

しかし、乳歯の歯根に膿が溜まっていたりなど、乳歯の状態が悪いと、永久歯を変色させてしまったり、虫歯になりやすくさせてしまうことがあります。また、生え変わりが本来より早まってしまう場合もあります。そのため、健全な永久歯への生え変わりのためには、なるべく乳歯の虫歯を作らないことが重要だと言えます。

  カテゴリ:小児歯科 and tagged , ,