6歳臼歯を虫歯から守る!「シーラント」とは

6歳を過ぎるくらいに生えてくる永久歯の奥歯は、6歳臼歯(第一大臼歯)と呼ばれます。生えたばかりの6歳臼歯は「奥に位置しているため磨きづらい」「歯の噛む面の凹凸が大きい」「歯の質が弱い」というような理由から、虫歯に非常にかかりやすいことで知られています。

それゆえ、6歳臼歯が生えたての頃には、歯を強化するフッ素塗布に加え、「シーラント」と呼ばれる予防処置が勧められることがあります。このシーラントというのは、虫歯リスクの高い「噛む面」の溝に、あらかじめコーティングをしておくことにより、溝からの虫歯リスクを下げることができる、というものです。

6歳臼歯は生えたての頃が最も虫歯にかかりやすく、その後はだんだんと歯も強くなり、虫歯にかかりにくくなってきます。そのため、年数が経ってコーティングが取れてしまっていても、その段階では虫歯リスクも下がっていますので、問題はありません。

ただし、シーラントをしたからと言って歯磨きをおろそかにしていいというわけではありません。シーラントで虫歯リスクを下げたとしても、歯磨きができていなければ、やはり虫歯にかかってしまうことはあります。シーラントはあくまで、補助的なものに過ぎないということを覚えておきましょう。

  カテゴリ:小児歯科 and tagged , , , ,