虫歯の治療が難しい場合の治療法、サホライドとは

お子さんの虫歯の治療というのは、なかなか本人の協力が得られずに難しい場合というのが珍しくありません。特に、年齢の小さなお子さんになると、きちん治療ができることの方が珍しいです。虫歯がある程度進んでしまっている場合、放置して虫歯が進み、痛みを出したりすることなどを考えると、親御さんはとても心配になってしまうことでしょう。

そのような場合に行われるのが、「サホライド塗布」と呼ばれる治療法です。サホライドは「フッ化ジアンミン銀」と呼ばれる薬品で、虫歯の進行を抑制する作用があります。また、虫歯の痛みを感じにくくする作用もあります。そのため、深い虫歯があって年齢的に治療が難しいお子さんにとってはかなり効果的な手段だと言えます。

しかし、難点もあります。それは含有されている銀の作用により、虫歯の部分が黒くなってしまうことです。乳歯の虫歯というのは急性う蝕と言って、急速に進行し、虫歯の部分があまり黒くならないのですが、サホライドを塗ることでその部分が目立ってしまうのです。そのため、その点だけは親御さんに了承してもらう必要があります。

また、サホライドはあくまでも進行を抑えるもので、治すものではありません。年齢が大きくなり、治療が可能になったら速やかに治療をして治さなければならないことも覚えておきましょう。

  カテゴリ:小児歯科 and tagged ,