子供の歯のケアのポイント〜5−7歳くらいまで〜

一般的に、6歳くらいになると初めての永久歯が生えてきますが、お子さんによっては5歳で生え変わりが始まる子も出てきます。まずは乳歯の生え変わりの時と同様、下の前歯から生え変わりが始まりますが、下の前歯は唾液の流れが豊富なところなので、それほど歯磨きが行き届いていなくても虫歯のリスクは高くありません。(歯磨きをしなくて良いという意味ではありません)

永久歯の生え変わりで注意したいのが、6歳臼歯と呼ばれる第一大臼歯です。これは乳歯の奥歯のさらに奥から新しく生えてきますので、生え始めの時は注意していないと、生えてきたのを見逃してしまうことがあります。6歳臼歯は全ての歯の中で一番と言っていいほど、大事な役割を担う歯で、一生大事にしていきたい歯ですが、生えてから早期に虫歯ができてしまいやすい歯でもあります。

6歳臼歯が虫歯になりやすい理由として、生えてきたのを見逃されやすいということ、生えたばかりの頃は質がしっかりしておらず弱いこと、溝が深く、歯ブラシが溝の奥までしっかり届きにくいこと、ということなどが挙げられます。生えてきたばかりの頃に気をつけて、虫歯をつくらなければ、その後はだんだんと虫歯にかかりにくくなっていきます。お子さんが6歳くらいになったら親御さんも、6歳臼歯が生えてきているかどうかをこまめにチェックし、見つけたらしっかりと磨くようにしてあげると良いでしょう。

  カテゴリ:小児歯科 and tagged , , , ,