子供の歯のケアのポイント〜乳前歯が生えてきたら〜

虫歯は、「早期発見、早期治療」よりも、作らないこと、すなわち「予防」が最も重要です。これは乳歯にも同じことが言えます。そのためにはよく、マイナス1歳からの予防が大事、とよく言われます。これはつまり、赤ちゃんが母体にいる時から、赤ちゃんの虫歯のなりやすさが決まってくるということであり、お母さんが赤ちゃんの健康な歯のために、まずは自分自身の歯のケアを妊娠中からしっかりやる必要がある、ということを意味しています。

赤ちゃんが生まれたあとすぐは歯が生えていませんので、たとえ虫歯菌がお口に入ってきたとしても虫歯菌は付着するところがなく、生き残ることができません。ですが、歯が生えてきたら虫歯菌が付着しないよう、しっかりと歯のケアを始める必要があります。

まず、初めての乳歯が生えてくるのは、生後半年くらいです。まずは下の前歯2本が頭を出し、その後上の前歯2本が生えてきます。下の前歯は唾液が多く流れるところなので、汚れも溜まりにくく、虫歯にもなりにくいため、ガーゼや綿棒でさっと拭き取る程度で大丈夫です。上の前歯の場合は唾液の流れも悪く、将来的には虫歯のリスクも高い場所なので、まずはガーゼや綿棒で拭いつつ、徐々に歯ブラシでのケアを始め、歯ブラシの感触に慣れさせていきましょう。

  カテゴリ:小児歯科 and tagged , ,