乳歯は虫歯になりやすく、進みやすいって本当?

乳歯が虫歯になってしまうと、特に小さな子の場合、虫歯の治療を怖がってなかなか治療ができず、非常に大変な思いをすることがあります。また、乳歯の虫歯は悪化すると、永久歯の質や歯並びなどに悪影響が出てしまうことがあるため、油断できません。それゆえ、乳歯の虫歯は永久歯同様にしっかりと虫歯予防に努める必要があるのですが、乳歯は永久歯と比べて虫歯になりやすく、進行しやすいため、より一層の注意が必要になります。

まず、乳歯は小さいため、歯の表面を覆っている硬いエナメル質が永久歯の半分しかありません。そして、歯の質自体も永久歯ほどしっかりとしていないため、虫歯に対する抵抗性としては弱く、虫歯にかかりやすく、奥に進みやすいと言えます。

そして、乳歯は内部の「歯髄腔」と呼ばれる神経が入っているスペースが大きく、永久歯と比べ、歯の表面まで近いところまで張り出しています。そのため、ひとたび虫歯にかかってしまうと、神経に達しやすい弱点もあります。虫歯は神経に達すると強い痛みを出し、治療も一気に大変になってしまいます。

乳歯の虫歯も予防を万全にし、お子さんを虫歯から守っていきましょう!

  カテゴリ:小児歯科 and tagged , , , ,