親知らず抜歯後の痛みと腫れ対策

親知らず抜歯で辛いこととして、抜いた後の痛みや腫れが挙げられます。これは多かれ少なかれ現れてしまう症状なのですが、今回はこれらの辛い症状対策についてお話ししていきます。

痛みに関しては、麻酔が切れる時だけ少し痛んで終わり、という軽いものから、2週間くらいまで続いてしまう場合もあります。まずは麻酔が切れる時に痛み止めをあらかじめ飲んでおくことで、麻酔が切れる際の最も強い痛みを抑えることができます。また、痛みを長引かせないためには傷口の感染予防も大事ですので、処方された抗生剤を決められた通りに飲むようにしましょう。これは同時に腫れ対策にもなります。そして、抜いた部分の穴の血の塊を流してしまわないようにすることも大事です。抜いた穴には血が溜まり、それが徐々にかたまっていくのですが、うがいをすることでその血の塊が剥がれてしまうことがあります。そうすると内部の骨がむき出しになり「ドライソケット」という状態になって、強い痛みが長引く原因になります。そのため、抜歯後、2、3日はなるべくうがいを避けるようにしましょう。また、痛い部分を保冷剤などで冷やすのも痛み軽減に効果があります。

腫れに関しては、2〜3日後がピークで、だいたい1週間くらいで落ち着くことが多いようです。腫れは抜いた部分の組織の反応で起こっているため、それ自体は悪いことではありません。ただし、感染を起こしてしまうと、もっと腫れてしまう可能性があるため、出された抗生剤はきちんと飲むようにしましょう。

  カテゴリ:親知らず and tagged