歯の治療を中断するとどうなる?

仕事などで忙しくて予定が取れない、特に痛みがない、という理由で治療を中断してしまう人がいます。治療を中断すると、治療内容によっては困った状態になってしまうことがあります。特に困った状態になるのは次のような場合です。

■歯型を取って、詰め物や被せ物をする前に中断した場合
虫歯を削った後、型取りをして仮封のまま来院されなくなった場合、せっかく取った虫歯が再発してしまったり、仮封が外れて痛みが出たり、歯が移動してしまって、出来上がった詰め物や被せ物が合わなくなってしまうことがあります。虫歯を削って型を取ったら、なるべくキャンセルせず、早めに来院するようにしましょう。

■根の治療中に中断した場合
根の治療は根の中がきれいに消毒されるまで、通院して治療を受ける必要があります。それを途中でやめてしまうと、中の細菌が増殖し、状態が悪化してしまい、大きく腫れたり強い痛みを出したりすることがあります。そして、あまりに長く放置すると、抜歯をしなければならなくなってしまいます。

歯の治療は中断するとそのままの状態が続くわけではなく、歯は悪くなってしまいます。くれぐれも中断はしないようにしましょう。

  カテゴリ:未分類