口の中にカビ!?口腔カンジダ症とは

口の中にカビ?と思ってしまうかもしれませんが、口の中にもカビが生えてしまうことがあります。これは口腔カンジダ症というもので、健康な体力がある人には滅多に起こることはありません。カンジダ菌というのはもともと口の中にも住んでいるもので、普段悪さをすることはありませんが、免疫力の弱い乳幼児や高齢者、そして糖尿病やエイズなどで免疫力が落ちている人の場合、口の中でカンジダ菌が異常に繁殖してしまうことがあります。口腔カンジダ症を起こすと、口の中の粘膜がピリピリ痛んだり、唇の端っこが切れてしまったり、口の中の粘膜に白い膜ができて、それを剥がすと血が滲んだりする、というような症状が出ます。

口腔カンジダ症は病気などで免疫力がかなり落ちている場合、放置しておくとカンジダ菌が血中に入り込み、体のいたる部分に広がってしまうことがあるので注意が必要です。そのため、カンジダ症と思われる症状を発見したら、早めに歯科で診てもらい、薬物による治療をすることが重要です。

  カテゴリ:予防歯科 and tagged