銀歯や差し歯が臭い!なぜ臭う?

銀歯や差し歯の部分を吸うと変な味がしたり、銀歯や差し歯が外れた時に変な匂いがしたりすることがあります。あまり気持ちのいいものではありませんし、この匂いは口臭となって外に出ている可能性もあります。これは、銀歯や差し歯と歯との間にできた隙間に繁殖した細菌が原因になっています。銀歯や差し歯というのは金属を使用していますが、金属と歯とをくっつけているセメントが噛み合わせの力で徐々に粉々に砕けてしまったり、だんだんと劣化し、唾液で溶け出してしまうため、その部分に細菌が入り込んでしまうのです。そのため、その部分から嫌な匂いや味がしたり、虫歯ができてしまったり、外れてしまったりするのです。

銀歯や差し歯はセメントだけでなく、それ自体も劣化するため、一般的には数年ごとにやり直しが必要になります。お口のケア状態がとてもいい人では、銀歯であっても長く良い状態を保っている場合もありますが、ケア状態が悪い人は短期間でダメになってしまうこともあります。毎日の歯ブラシはもちろんのこと、歯科医院で定期的に銀歯の状態の確認をしてもらうことや、クリーニングを怠らないことが、銀歯や差し歯をなるべく良い状態に保つことにつながります。

  カテゴリ:口臭予防