だんだん出っ歯になってくる原因

最近出っ歯になってきたかも・・、と感じている人はいませんか?歯並びというのはもともときれいでも、だんだんと崩れてしまうことがあります。その中でも気にする人が多いのが、出っ歯になってくる場合です。大人になってから出っ歯になってくる場合、歯が前に出るのと同時に、歯と歯の間に隙間が空いてきます。このような現象をフレアーアウトと呼んでいます。

フレアーアウトが起こる原因は、下の前歯が上の前歯をガンガン突き上げることにあります。もともと上下の前歯というのは強く当たらないようになっていますが、例えば奥歯の歯を失ったり、虫歯を放置したりすることで、奥歯の噛み合わせが崩壊すると、前歯がだんだんと強く当たるようになってきます。前歯はもともと強い力に耐えられるようにはできていませんので、強く当たることによって歯周病が進行し、骨がどんどん吸収して、下の歯が上の歯を押すたびに前に出て行ってしまうのです。

フレアーアウトは一度起こってしまうと、自然に治ることはありません。そうなってしまわないようにするためには、抜けた歯を放置しないこと、そして歯周病の予防をきちんとしておくことなどが大事です。

  カテゴリ:噛み合わせ and tagged , , ,