乳歯のすきっ歯は大丈夫?

乳歯がすきっ歯で大丈夫だろうか?と悩む親御さんは結構多いようです。確かに日本ではすきっ歯はあまり好まれず、一生すきっ歯になってしまうのだろうか?と心配になってしまうのも無理はありません。

しかし、結論から言えば、乳歯のすきっ歯は全く心配いりません。というより、きっちり隙間なく詰まった乳歯よりも、隙間の空いた乳歯列の方がむしろ好ましいと言ったほうがいいでしょう。

その理由として、乳歯のあとに生えてくる永久歯は乳歯のサイズよりもはるかに大きいため、乳歯の段階できっちり詰まった歯並びだと、永久歯が生えるスペースが足りずにガタガタ重なった歯並びになってしまう可能性が高くなるからです。乳歯の段階で見られる空隙は「発育空隙」と呼ばれ、永久歯がきちんと並ぶためには必要なスペースなのです。

そのため、乳歯の段階ですきっ歯でも永久歯がそのまますきっ歯になるというわけではないので心配はいりません。成長期のお子さんの歯並びはどんどん変化していきます。健全な歯並びのためには定期的な観察が必要です。ぜひ、定期的に歯科に通って、虫歯のチェック、生え変わりのチェックを忘れないようにしていきましょう。

  カテゴリ:小児歯科