痛い歯を特定するのは実は難しい

歯が痛いと訴える患者さんにどの歯が痛いか聞くと、実際に痛みを出している歯と違う歯を指す場合がよくあります。前歯の場合はそれほど間違えることはありませんが、奥歯では決して珍しいことではありません。特に、実際に痛い歯の一つ手前の歯を指すことが多く見られ、第二大臼歯に関しては、その痛みを手前の歯の痛みとして感じる人の方が多いという実験結果もあります。

しかしこれは前後の歯だけでなく、上下の歯で錯覚することもよくあります。下の歯が痛くても上の歯が痛く感じたり、またはその逆もありえます。これは歯の痛みを伝える神経からの信号を脳が正確に捉えることができなくなることで起こります。

歯の痛みがひどいとその辺一帯が痛く感じたり、ひどい時には顔半分や頭まで痛くなってしまったりすることもあります。このように、痛みには広がって感じるような性質があり、どこが痛いのかだんだんと自分でもわからなくなってきます。

歯医者さんで痛い部分のレントゲンだけでなく、全体の大きなレントゲンを撮られて不思議に思ったことのある人もいるかもしれません。これは、このように痛みを感じている歯が実際は違う部分が原因であるケースが多い、というのも理由の一つなのです。

  カテゴリ:歯の痛み and tagged