親知らずが移植できるって本当?

親知らずは一般的に腫れや痛みを引き起こすもの、というような厄介者なイメージを持たれることが多いようです。そのため、親知らずといえば「抜いておかなければならないもの」と思い込んでいる人もいるかもしれません。確かに親知らずはその条件によっては抜いたほうが積極的に勧められる場合もありますが、中には抜かずに残しておくと良い場合もあります。その理由の一つに「親知らずは移植することが可能」ということが挙げられます。

具体的には、状態の悪い歯がある場合、その歯を抜いたところに親知らずを移植することが可能です。歯を抜いたところに人工的な歯を植えるインプラントという選択肢もありますが、インプラントは自費治療で高額になってしまいます。それに対し、親知らずの移植は保険適応である、そして自分の歯であるという点で非常にメリットの高い方法であると言えます。

ただし、親知らずは複雑な生え方をしていて、綺麗にひとかたまりに抜けない場合もあります。そのような場合はこの方法を適用することはできないため、まっすぐ綺麗に生えている場合に限られます。そして、インプラントよりは長持ちしないという欠点はありますが、一度ためしてみる価値はあると言えるでしょう。

  カテゴリ:親知らず