歯科治療を受けた後の食事で気をつけること

歯科治療の後は、治療内容によっては食事をする上で気をつけないといけない場合があります。次のような処置をした後はそれぞれ以下のことに気をつけましょう。

1.注射の麻酔を受けた時
注射の麻酔後は麻酔が切れるまでに2、3時間ほどかかることがあります。しびれが残っている状態で食事をすると、誤って口の中や唇を噛んでしまったり、温度がわからずやけどをしてしまったりすることがありますので、できれば食事は麻酔が切れてからするのが望ましいでしょう。

2.抜歯(外科処置)をした時
抜歯をはじめとする外科処置後は麻酔がしばらく効いているのと、出血に気をつける必要があります。そのため、麻酔が切れてから食事をすることと、特に抜歯をした後は抜いた穴に溜まった血餅(血のかさぶた)が取れてしまわぬよう、気をつけましょう。

3.仮詰めをした時
仮詰めをした場合には、その材料が固まるまでに時間がかかることがあります。そのため、治療後すぐは食事を避け、少なくとも30分から1時間くらいは待つようにしましょう。また、仮詰めの部分では噛まないように気をつけましょう。

4.新しい詰め物やかぶせ物が入った時
詰め物やかぶせ物をくっつけているセメントが固まるまでに通常30分ほどかかります。そのため、食事は最低治療後1時間くらい経ってからするのが良いでしょう。

5.ホワイトニング後
ホワイトニング施術直後の食事は避け、少なくとも1時間くらい待って食べるようにしましょう。また、施術後24時間は色の濃いものは口にしないようにしてください。

  カテゴリ:未分類