歯の再生も夢ではない!?

ヒトの歯は乳歯から永久歯に生え変わった後、その後は残念ながら生え変わることはありません。もう一度生え変わってくれるならどんなんにいいだろう・・・と思う人も少なくないことでしょう。

実は歯の再生に関する研究は実際に行われており、つい最近、岡山大学大学院医歯薬学部総合研究科の研究グループが犬の歯を再生させることに成功した、とイギリスの電子科学誌サイエンティフィック・リポーツで発表しました。これは人間の再生治療にも応用できる可能性を示すもので、将来的に歯のみならず、髪の毛、内臓などの再生にも応用できるかもしれない、ということです。

この研究では、生後30日の犬から永久歯の歯胚(歯の種となるもの)を取り出し、一度細胞をバラした後、もう一度合わせ、2日間培養して再生させたものを歯が抜けた部分に移植したところ、6ヶ月ほどで歯が生えるに至りました。そして、その生えてきた歯は通常の歯と同じ構造をしていることがわかりました。

2007年にも東京理科大の研究グループによって、マウスによる歯の再生は成功していました。しかし、人間の歯の再生に応用するためには大型動物で成功することが望まれており、今回はそれが成功したことで、大きく前進したと言えるでしょう。今後のさらなる研究が期待されるところです。

  カテゴリ:歯の再生