口を清潔に保ってインフルエンザを予防しましょう

インフルエンザ予防には手洗い、うがい、マスクの装着、ワクチン接種などのような方法が効果的と言われますが、実はその他にもインフルエンザ予防にとても効果的な方法があるのをご存知ですか?それは歯磨きをしっかりと行って口の中を清潔に保つことです。

歯磨きをする理由として虫歯・歯周病・口臭予防がまず頭に浮かびますが、口の中をきれいにすることはインフルエンザのような感染症を防ぐのにも役立ちます。インフルエンザウイルスは口や鼻から入り込み、喉や鼻の奥の粘膜から細胞に入り込んで増殖していきます。粘膜は、ある種のタンパク質によって表面が保護されており、それがウイルスの侵入を防いでいるのですが、「ある種の酵素」が存在すると、そのタンパク質を破壊してしまい、インフルエンザにかかりやすくなることがわかっています。

そしてその「ある種の酵素」は、歯垢や歯石の中にいる細菌によって作り出されていることがわかっています。そのためこれらの細菌が多いほど、酵素が増え、インフルエンザにかかりやすくなるのです。

そのため、口の中を清潔に保つことがインフルエンザに効果的というわけです。特に免疫力の弱っている高齢者ではインフルエンザが命取りになります。要介護の方がいらっしゃるご家庭ではお口のケアも忘れずにしてあげることをおすすめします。

  カテゴリ:未分類