タバコを吸うと歯茎の色が悪くなる!

タバコは健康に良くないことは有名ですが、タバコを吸う人の歯茎の色はどす黒くなることをご存知ですか?また、親が喫煙者である子供は歯茎が黒くなることもあるのです。

タバコを吸うとなぜ歯茎が黒くなってしまうのでしょうか?

まず、タバコには非常に多くの有害な化学物質が含まれており、人体で最初の通過地点である口の中にいろいろな刺激を与えます。タバコに含まれるニコチンやタールは歯茎を刺激し、メラニン色素を増やし、歯茎を黒っぽくします。そしてニコチンが血管を収縮させるのと、一酸化炭素が組織を酸素不足にさせるため、血流が滞り血色が悪くなります。また、タバコは体の免疫力を下げてしまうために、歯周病を発症させやすく、それによっても歯茎の色が悪くなります。

このような影響は吸っている本人だけでなく、周囲にいる人にも少なからず出てきます。タバコを吸うと歯にヤニがつくことを気にする人が多いですが、タバコを吸うことは、このように、歯茎をどす黒くさせてより見た目を悪くしてしまい、歯周病が悪化して歯を早期に失うことにすらなりかねません。また、歯周病は全身の様々な病気の原因にもなっているとされています。タバコはまさに百害あって一利なし、なのです。

  カテゴリ:歯ぐきの黒ずみ and tagged