アルツハイマー治療薬でダメージを受けた歯を再生できる可能性が

歯というのは一度虫歯で削るとその部分を他の材料で補うことになります。その材料にも色々と種類があり、オールセラミックのような、歯になじみの良い優れた材料が出てきているとはいえ、やはりそれでも自分の歯にかなうものはありません。

しかし、最近、イギリスのロンドン大学キングスカレッジの研究者たちにより、アルツハイマー治療薬を使うことで、虫歯などで失われてしまった象牙質を再生させるのに成功した、という研究発表がなされ、ネイチャー紙が論文を掲載しました。

この研究者たちは、現在臨床試験中であるアルツハイマー治療薬、タイドグルーシブ(Tideglusib)に注目しました。この薬はアルツハイマー病の原因となっているある酵素の活性化を抑制する作用がありますが、これを歯に作用させると歯の大部分を占めている象牙質を修復するのを助ける作用があるのです。

同研究チームは、マウスの歯を少し削って、その部分に自然に分解されてなくなるコラーゲンでできたスポンジにタイドグルーシブを含ませて、削られた部分に詰めました。そしてその後、その部分には象牙質が再生されていることが確認できたのです。

現在はもっと大きな歯を有するラットでこの実験が行われており、これが成功すれば実用化に向けて大きく前進するということで、今後の研究が期待されます。

  カテゴリ:歯の再生 and tagged