夜間の授乳は虫歯になりやすい

赤ちゃんが小さいうちは、夜中に何度も授乳が必要なこともあると思います。歯が生えてからもしばらくは夜間の授乳は続くことでしょう。

そこで注意しなければならないのは虫歯の問題です。母乳は人工ミルクと比べて虫歯になりにくいと言われていますが、それは決して虫歯ができないということではありません。

母乳にも糖は含まれています。糖が含まれているということは虫歯を作る可能性があるということです。しかも、母乳の場合、人工乳に比べて腹持ちが良くないので、頻繁に授乳が必要になることが多いです。

授乳が原因で虫歯ができる場合にもっとも虫歯のできやすい場所は、上の真ん中の前歯です。これは唾液の流れが少ないことが原因しています。下の歯は舌の下の唾液腺から流れ出す唾液で常に洗い流されていますので虫歯になりにくいのです。

そのため、夜間の授乳が必要な時は、虫歯のリスクを下げるために、授乳した後に水を飲ませたり、湿らせたガーゼで拭ってあげると良いでしょう。また、卒乳が遅くなるとそれだけ虫歯にかかる危険性が高くなるため、卒乳する時期が来たら早めにやめることも大切です。

  カテゴリ:小児歯科 and tagged