正露丸って虫歯の痛みにも効くって本当?

正露丸はお腹を下した時に昔から使われている皆さんもご存知の薬ですが、実は歯が痛い時にも使える場合があります。と、いっても飲んで効くわけではありません。虫歯の穴に正露丸を詰めて痛みを軽減できる可能性があるのです。

正露丸の主成分は「木クレオソート」というもので、防腐作用や殺菌作用があります。これを虫歯の中に詰めることで、炎症が起こっている歯の神経を麻痺させ、痛みをやわらげることができるのです。

しかし、ここで注意なのが、歯が痛い時にどんな場合でもこの方法が使えるわけではないということです。この方法が使えるのは

・大きな穴が空いている虫歯
・ずっとしみたりしていた歯がだんだんズキズキしてきた場合

のような場合です。穴が空いていなかったり、小さい場合にはこの方法は使えません。また、すでに神経を取った歯の場合や、虫歯が進みすぎて歯ぐきが膿んでいるような場合にも効果がありません。

もしも、歯が痛くて上の条件に当てはまり、歯医者にすぐに行けない!という場合には、正露丸を詰めると痛みが楽になる可能性があります。もし試してみる場合には、まず歯の内部の食べかすなどを取り除き、ティッシュなどでよく乾燥させ、少量だけ入れるようにしましょう。

もし痛みが楽になっても歯が治ったわけではないので、できるだけ早く歯医者に行くのは忘れないでくださいね!

  カテゴリ:虫歯 and tagged , ,