親知らずって抜かないとダメ?

親知らずの問題は多くの人にとって避けて通れないものです。かなり奥に位置しているゆえに歯ブラシが当たらず、虫歯や歯周病になって痛むことが多かったり、顎の骨のスペースが足りずにきちんとまっすぐ生えてくれなかったりするからです。でも、親知らずを抜くと「痛い」や「腫れる」など嫌な噂しか聞かないので、親知らずを抜くのがすごく怖い人も少なくないでしょう。

できれば抜きたくないな、と思っている人がほとんどでしょうが、抜かなくて良い親知らずには条件があります。それは次のようなものです。

・大きな虫歯ができていない
・歯ぐきが頻繁に腫れたりしていない
・まっすぐ生えている(または生える見込みがある)
・親知らずをしっかり磨けている

上の条件を満たしていない親知らずは、まず抜いたほうが良いと思っていいでしょう。また、親知らずはもともと噛み合わせに関与することがなく、のちにトラブルを起こすことも多いため、トラブルが起こる前に予防的に抜いてしまう、というのもアリですが、場合によっては残しておいたほうがいい場合もあります。例えば、親知らずの手前の歯の状態があまり良くない場合、その歯がいずれ抜歯になった際に親知らずを移植できる、というような場合です。

いずれにせよ、親知らずの状態というのは人それぞれなので、レントゲンも撮ってもらった上で、担当の歯医者さんと良く相談して決めていくことをおすすめします。

  カテゴリ:親知らず and tagged