歯石はどうして取った方がいい?

歯石取りがどうも苦手で・・という人は意外と多いようです。キーン!と音のする機械が怖いという理由が多いようで、それが嫌で歯石取りが億劫になってしまう人もいます。そんな思いをしてまで歯石を取りたくない、という気持ちもよく分かりますが、歯石を取らなければならないのはちゃんと理由があります。

その理由は、歯石が歯周病を悪化させるからです。そもそも歯石というのは細菌の集合体である歯垢が唾液中のカルシウムなどによって石のように固まってしまったものですが、歯石そのものには実は毒性はありません。しかし、歯石の表面はざらついているため、細菌が絡み付いて取れなくなっているのです。もちろん歯磨きをしたからといって取れるものではありません。

そのため、歯石に絡み付いた細菌が常に歯ぐきの炎症を起こすことになり、歯周病がどんどん進行していくのです。しかも、歯石が付いているとかなり口臭もきつくなり周囲の人を不快にしてしまうことも。もちろんこの場合も歯磨きでは口臭は取りきれません。

歯周病が悪化すると体の健康にも悪影響を及ぼします。歯石はこまめにとって歯周病を予防していきましょう!

  カテゴリ:歯石除去 and tagged