銀歯は虫歯が進みやすい?対策法は?

銀歯が口の中に入っている人は多いことでしょう。保険で治療を行う場合、奥歯だと強度の面で銀歯が選ばれることが多いためです。確かに銀歯は強い力にも十分に耐えうる、優れた材料ですが、実は銀歯にも弱点があります。まず第一に金属アレルギーの問題があります。そして、第二に、銀歯は頑丈で長持ちすると思われがちなのですが、実は銀歯は自費のセラミックに比べ、虫歯が出来やすく、進みやすいという弱点があります。

虫歯が出来やすい理由として、銀歯と歯をくっつけているセメントが、噛み合わせの力や口の中の温度変化でボロボロに砕けたり、唾液に溶け出してしまうことで、その部分から細菌が入り込みやすい、ということが挙げられます。そして他にも、銀歯の縁の部分の薄くなっているところが徐々にめくり上がって隙間が開き、その部分から虫歯が出来やすい、というのがあります。

銀歯が外れた経験のある人はお分かりかもしれませんが、外れた銀歯はものすごく臭いますよね。これは内部に細菌が入り込んでいる為にこのような匂いがするのです。

それではどうやったら虫歯をひどくならないようにできるかと言うと、セラミックのような虫歯ができにくい材質に変えるか、銀歯を入れ続ける場合には定期的に歯医者さんでレントゲンなどを撮り、虫歯チェックをして、虫歯の兆候が見られたら早めに取り替える、という方法があります。銀歯が入っている人は、痛くないからといって放置せず、定期的に虫歯ができていないかのチェックを受けるようにしましょう。

  カテゴリ:虫歯予防 and tagged , ,