メリットがいっぱい!ノンクラスプ義歯とは

皆さんは部分入れ歯というとどのようなものを思い浮かべるでしょうか?おそらく歯にかかる金具の付いた入れ歯なのではないでしょうか?健康保険の範囲内で入れ歯を作ると、確かに通常このような入れ歯になります。

しかし、保険内の部分入れ歯にはいくつかデメリットがあります。まず第一に、場所によっては金具が目立って、入れ歯が入っていることが他人に気づかれてしまうこと、そして金属アレルギーの問題、さらには金具がかかる歯が虫歯になりやすかったり、金具に揺さぶられて歯周病が悪化しやすい、というようなことが挙げられます。

現在、保険外の入れ歯ではこのようなデメリットを払拭するような入れ歯が次々に開発されてきています。その中でも、上で挙げた保険の入れ歯のデメリットを全て解決している入れ歯が「ノンクラスプ義歯」というものです。これはつまり、「ノン=ない」、「クラスプ=歯にかかる金具」ということで、金具を一切使わない入れ歯です。

つまり、ノンクラスプ義歯は次のような特徴を持っています。

・入れ歯を入れていることに気づかれにくい
・金具が歯にかからないため、入れ歯を支えている歯を傷めにくい
・金属アレルギーの心配がない
・特殊なプラスチックを使っているため、フィット感があり外れにくい

ノンクラスプ義歯は入れ歯に抵抗にある若い人でも使いやすい入れ歯で、最近とくに人気が出てきています。気になる人は一度歯医者さんに相談してみましょう。

  カテゴリ:入れ歯 and tagged