妊娠中に歯の治療は可能?

「妊娠、出産を機に歯が悪くなった」というような話を皆さんも一度は耳にしたことがあるでしょう。確かに妊娠中はお口の中の環境が悪化し、歯や歯茎のトラブルが起こりやすくなります。その理由として、女性ホルモンの変化やつわりによる口の衛生状態の悪化、免疫力低下により感染症が起こりやすくなることなどが挙げられます。

このようにトラブルが通常より起こりやすくなるにも関わらず、妊娠中にはストレスを与えないほうがいい、というような理由で、歯医者に行ってはいけないと思いこんでいる人も多いようです。

ですが実際は、つわりがひどい妊娠初期や体がきつくなる妊娠後期を除けば、歯科治療を受けることは十分可能です。というよりも、生まれてくる赤ちゃんの為を考えると、虫歯や歯周病などの悪いところは積極的に治しておいたほうが良いのです。虫歯菌や歯周病菌が胎児や生まれてきた赤ちゃんに悪影響を与えることがあるからです。

妊婦さんに歯科のレントゲンや歯茎への麻酔を行っても特に問題はないと言われています。生まれてくるかわいい赤ちゃんの為にも、お母さんのお口の中の状態をより一層健康に保っておくことはとても大事だ、ということをぜひ覚えておいてください。

  カテゴリ:妊婦歯科検診 and tagged ,