虫歯になりやすいのはどんな人?

歯が弱い、すなわち虫歯になりやすい人というのは確かに存在します。次のような特徴に当てはまる場合、虫歯になりやすい傾向があります。

1.糖質をよく摂る
甘いお菓子を頻繁に食べる、という場合はもちろんですが、口さみしさから飴を良く食べる、砂糖入りのコーヒーや紅茶などを良く飲むというような人は口の中が酸性に傾きやすいため、虫歯になりやすくなります。

2.食事はやわらかいものが多い
現代はファーストフードやコンビニ弁当、ファミレスなど、手軽に食べられるもので溢れかえっています。そのような食べ物はやわらかくて、あまり噛まずに食べられるものばかりです。このようにやわらかいもの中心の食事をしていると、食べ物が歯にこびり付きやすく、また唾液も良く分泌されないので虫歯の危険性が高まります。

3.歯磨きをあまりしない、またはやり方がまずい
歯磨きをしない人はもちろん虫歯になりやすいですが、歯磨きをやっていても虫歯になりやすいポイントが磨けていないと虫歯になりやすくなります。

4.虫歯菌が多い
虫歯菌が口の中に多い人は虫歯にかかりやすいと言えます。

5.歯の質があまり強くない
もともと歯の質が弱い人も存在します。また、生えたばかりの歯は歯の構造がまだしっかりと出来上がっていないため、虫歯にかかりやすくなります。

6.唾液が少ない
ストレスによる自律神経の乱れ、アルコールやタバコ、口呼吸などが原因で唾液の分泌が落ちると虫歯にかかる危険性が高くなります。

実際虫歯になるかどうか、というのは上にあげた一つの原因で起こるというよりは、様々な原因が絡み合って起こります。心当たりのある項目が多い人は注意してください。

  カテゴリ:虫歯予防 and tagged ,