歯磨きは回数よりもタイミング

「1日に3回、3分間磨きましょう」ということをかつてはよく耳にしました。
しかし、それを守っていても虫歯になってしまうという人もいることでしょう。
じつは、歯磨きは「回数」が大事なのではありません。歯磨きを行う「タイミング」が大事なのです。

歯磨きを行う一番大事なタイミングは夜寝る前です。
1日3回3分間磨くより、1日1回、夜寝る前にじっくりと時間をかけて歯磨きをしたほうがよっぽど効果的だというわけです。
それはなぜかというと、夜眠っている間というのは、唾液がほとんど分泌されないため、お口の中の細菌が洗い流されず、細菌が非常に繁殖しやすい環境になるためです。

虫歯や歯周病のほとんどは夜眠っている間に進行すると言われています。
そのため、夜眠る前に、お口の中の細菌を極限まで減らしておくことが、虫歯や歯周病を予防する上で非常に大事です。

もちろん、ただ闇雲に時間をかけて磨けば良い、というわけでもありません。
細菌がたまりやすくトラブルを起こしやすい場所を重点的に磨く必要があります。
それは、歯の3大不潔域と呼ばれる場所で、「噛む面」「歯と歯茎の境目」「歯と歯の隙間」です。
この3つの場所を意識して磨くようにしましょう。
そして、歯と歯の間は歯ブラシでは磨けないので、デンタルフロスを通すようにしましょう。

  カテゴリ:予防歯科 and tagged ,