よい噛み合わせを育てる!

乳歯が生えはじめてから、永久歯が生え終わって噛み合わせが決まるまでには、17~18年もの長い時間がかかります。
「よく噛んで食べる」という幼い頃からのよい習慣がよい噛み合わせを育てます。
20160120_01

生後4ヶ月を過ぎ、はじめての乳歯が生えてから、3歳前後には上下20本の乳歯が生え、乳歯列の噛みあわせが完成します。
5歳を過ぎ、はじめての永久歯が生えはじめ、乳歯から永久歯へと生え変わると、永久歯は上下28本(親知らず[第三大臼歯]をのぞく)が生え、永久歯列が完成します。
そして、上下の対向関係から、噛み合わせが決まっていきます。

生えてきた永久歯は、前歯は唇側や舌側に微妙に動いて、そして奥歯は頬側や舌側に微妙に動いて、徐々に位置が調整されることで上下の歯がしっかりと噛み合うようになります。
乳歯の時の歯と歯の隙間(霊長空隙・発育空隙)は、ひと回り大きな永久歯が生えてくるスペースとしてだけでなく、生えてきた永久歯が微妙に動いて噛み合っていく調整用のスペースとしての役割も果たしているのです。

なお、3歳児健診の際に、受け口(反対咬合)や交叉咬合などの噛み合わせの問題が指摘された場合は、一度矯正治療についての受診をお勧めします。
あごの骨格の軟らかい子供の頃に対応することで、比較的小さな治療ですむこともありますので、まずはご相談下さい。
塩野目歯科医院では、無料相談なども行っておりますので、お気軽にお問合せ下さいませ。

しっかり噛めるよい噛みあわせは、お子さんの健康を生涯支える大切な財産。
体の健康のためにも、歯とお口は欠くことのできない重要な役割を担っています。
よく噛んで食べられるお口という、生涯の健康を支える口腔機能の獲得の基礎は、まさしく小児期に作られているのです。

【こんなことに注意しましょう】

・胎児期
「食べる」「飲む」に不可欠な歯とお口は、母体内で早くも形成されはじめています。
妊娠中は規則正しく栄養バランスのとれた食事を心掛けましょう。

・乳児期~離乳食期
母乳は離乳食をはじめる機能発達の基礎。
離乳食期の食事は歯の生え方に応じた固さや大きさに。
よく噛んで味覚を感じ、見て触れて香りをかいで五感を刺激します。

・幼児期
「早食い」「丸呑み」は生涯の食習慣に影響し、肥満の原因にもなります。
急がせず、家族で楽しく食べ、周囲がよく噛んで食べる姿を見せましょう。
おやつは決まった時間に。
砂糖や酸を多く含む飲料類は避けましょう。

・小学生~中学生
低学年で第一大臼歯が生え、噛んですりつぶす機能が高まります。
中学年は永久歯との交換期。
噛む能力が低下するので食事時間は長めに。
この頃様々な味覚に出会うことは、その後の偏らない食生活にとって重要です。
中学生以降は生活習慣が乱れがち。
予防のためにも規則的な食生活につとめましょう。

・青年期
永久歯列と口腔機能が完成し、歯周病の予防が重要に。
自己管理ができているかどうかで、お口の健康の差が如実に現れる時期です。
かかりつけ歯科医を持ち定期健診を受けましょう。

  カテゴリ:小児歯科 and tagged , ,