乳歯に隙間ができてきた!

乳歯が生えそろったお口。あごが成長するにつれて歯間の隙間ができてきます。永久歯がきれいに生えるようスペースを確保するための大切な準備が進んでいます!

20151208_01

からだの成長にともない、あごも成長します。すると乳歯の歯間に隙間ができてきます。実はこの隙間には、お子さんのその後の歯並びや歯の健康にかかわる、重要な意味があるのです。

この隙間は乳歯列が育つ過程に特有のもので、総称して「発育空隙(くうげき)」と呼ばれています。将来永久歯が生えてくるための大切な隙間です。とくに、上あごの乳側切歯と乳犬歯のあいだの隙間、そして下あごの乳犬歯と第一乳臼歯の隙間は、霊長類(人間、猿、チンパンジー、ゴリラなど)特有のもので、これらは「霊長空隙」と名付けられています。

20151208_03

乳歯の隙間は、一般的に乳歯が生えてくる初期には全体に大きく、1歳半頃に上あごの乳犬歯が生えると、乳側切歯とのあいだに次に生える乳歯の奥歯に備えた隙間ができます。乳歯が奥歯まで生えそろって安定する3歳頃には隙間は一時小さくなり、その後4歳頃からあごの成長と共に再び広がって、永久歯に生え変わる準備が進みます。特に上あごは、永久歯の前歯が生える1年ほど前から急激に成長し、横幅が広がります。スペースが確保され、永久歯列が並んでいきます。

また、この隙間は噛み合わせを調整する重要な役割も持っています。とくに、永久歯の生え変わり時期の前後には、上下のあごがうまく噛み合うように、調整の役割も果たすのです。

上あごの成長は5~6歳ごろになると加速度的に進み、乳犬歯だけでなく前歯のあたりでも同様に隙間が見られます。下あごも、上あごと同様、乳歯列から永久歯列へと大きく成長し生え変わっていきます。男の子は女の子よりも終始あごの幅が大きく成長します。

20151208_02

注意が必要なのは①のタイプです。隙間が無いと永久歯の生える余地がなくなり、きれいに生えなかったり、噛み合わせが悪くなったり、歯磨きしにくく虫歯になりやすくなることがあります。

とくに、混合歯列期といわれる乳犬歯、第一・第二乳臼歯が永久歯に生え変わる時期は、歯の生えてくる順序によって、永久歯の生える余地がなくなり、矯正が必要になってくることがあります。

1歳半健診、3歳児健診、学校健診などで注意を受けた際には、お早めに歯科医院にご相談下さい。

  カテゴリ:小児歯科 and tagged , , , ,