乳歯が生えそろいます!

3歳ごろには乳歯が奥歯まで生えそろいます。

20151130_1 20151130_2

乳歯は、上あごと下あごを合わせると全部で20歯生えます。
1歳6ヶ月のときには、早いお子さんでは16歯、つまり第一乳臼歯まで生えてきます。そのあと、3歳ごろには一番奥に第二乳臼歯が生え、こうして乳歯が全て生えそろって20本になります。
ただし、生える時期や順番には個人差があります。
歯が生えてくる時期は、成長発育のひとるの指標にもなるでしょう。
乳歯が生えてくる時期は、お子さんの月齢、身長、体重と関連があります。
下あごの真ん中の前歯が一番に生えて、その生える時期は、平均で9ヶ月で、身長の平均は68cm、体重の平均は7.5㎏です。
最後に生える第二乳臼歯の生える時期は平均で2歳半、身長は平均83cm、体重が平均11kgで、この前後が目安になります。

20151130_3

虫歯予防のポイントは?

本格的な仕上げ磨き(大人による)に入る1歳から2歳頃の時期を経て、2歳からは朝晩の仕上げみがきを定着させる時期になります。
仕上げ用歯ブラシは、大人用に柄が長くしっかり持って磨けるものを用意します。
乳歯が生えそろったとき、あごが小さくは並びが乱ぐいになったり、歯の間に隙間がなく埋まっているお子さんがいます。
この場合、物が挟まりやすくなりますので、子供用糸楊枝でお掃除しましょう。
また、キシリトールタブレットを用いるのもひとつの方法です。
この時期は、仕上げ磨きが嫌いになるお子さんもいます。
嫌がる場合はその原因を探って対策を考えましょう。
歯ブラシの毛が硬すぎる、磨き方が悪くて痛い、口の周りを触られることが苦手など、その原因は様々ですから、歯科医師や歯科衛生士に相談して対策を練りましょう。
ブクブクうがいができるようになったら、子供用フッ素入り歯磨き剤をつけて磨くと良いでしょう。
また、家族も一緒に歯磨きをするとうまくいくことがあります。

仕上げ歯磨きの仕方は?

磨く人の膝の上に頭を乗せ、寝かせて磨きます。
歯ブラシの持ち方は、ペンを持つようにして、片方の指で子供の唇を軽くめくり、動かし方は前後磨きに、あるいは横磨きをしてください。

  カテゴリ:小児歯科 and tagged , , ,