眠っている間にマウスピース?

眠っている間に歯ぎしりや食いしばりをしている人は日本人の8割にも及ぶと言われています。歯ぎしりの場合は家族の人に指摘されたりして分かる場合もありますが、食いしばりの場合はあまり音がしないため、周囲の人も気づきません。しかし、特に歯に害があるのはこの食いしばりの方なのです。

歯ぎしり・食いしばりをしているかどうかをチェックしてみましょう。

・朝起きた時にあごが疲れている、だるい
・歯に細かい亀裂がある
・頬の内側に咬んだ跡や血豆がある
・舌の縁が凸凹している(歯形がついている)
・頭痛、肩こりがひどい
・知覚過敏がある
・詰め物が割れたり、外れたりしやすい

この中で一つでも心当たりがあれば、歯ぎしりや食いしばりをしている可能性があります。しかし、体に悪いとわかっていても眠っている間に起きていることですから、止めることは不可能です。ストレスや日中に歯を合わせる癖(TCH)が歯ぎしりを悪化させる一因にもなっていると言われているため、リラックスをしたり日中は歯を合わさない、などに気をつけることで改善が見られる場合もあります。でもなかなか簡単には治らないことが多いのが現実です。そこで、眠っている間にナイトガードと呼ばれるマウスピースをつけることで、過剰な力から歯を守ることができます。

歯科医院で作ってもらうことができますので、興味のある人は相談してみましょう。

  カテゴリ:歯ぎしり, 歯の食いしばり and tagged , ,