虫歯は遺伝する?

親に虫歯が多いと子供にも虫歯が多い、というのをよく目にします。これはなぜでしょうか?遺伝でしょうか?また、「自分は遺伝的に歯が弱い体質だから歯が悪くて」と、あきらめている人もいます。親が歯が悪いと自分もそんな体質だからあきらめるしかないんでしょうか?

じつは虫歯は遺伝ではなく、感染症なのです。生まれた時には虫歯菌は皆、持っていません。大抵は小さい時に親から子供に感染します。だから、親に虫歯がたくさんあると、子供に虫歯菌がうつって虫歯になりやすくなるんですね。

また、親子で虫歯の傾向が似通う理由として次のようなことが挙げられます。

・歯磨きの頻度
・食べ物の内容
・間食の取り方
・ジュースなどをよく飲む

このように、同じ食習慣や生活習慣をしていることが大きな原因となっています。家族全員が虫歯になりやすい、という場合は生活を見直してみるとよいかもしれません。

ただ、歯の形、質、歯並び、唾液の性質などの特徴は遺伝することがあります。たしかにこれらは虫歯のなりやすさと関わっていますが、同じ特徴を持っているからと言って決して虫歯になるわけではなく、きちんとケアすることで虫歯は防ぐことが十分可能です。

歯が弱いけど、イマイチ原因がわからない・・という人は、一度歯科医院に相談してみるとよいでしょう。

  カテゴリ:虫歯予防 and tagged , , ,