食べる時の姿勢はなぜ大事?

「食事の時は姿勢を正して食べましょう」とよく言われますが、これはマナーだけのことでしょうか?実は姿勢をきちんと正して食べることは、きちんと正しく噛むことにつながります。

例えばテレビを見ながら食事をしている家庭で、テレビを見るために顔が横に向いている状態で噛んでいると、テレビ側の方が噛みやすいので、片噛みになりやすく、アゴがずれやすくなります。また姿勢が悪くてよく噛まないことで消化が悪くなります。

また、小さなお子さんで足がきちんと地面や踏み台についておらず足がブラブラした状態で食事をしている、ということはありませんか?踏ん張れる場所がないと、噛む時にうまく体に力が入らずに噛む力が弱くなってしまいます。椅子が高くてどうしても足が浮いてしまう、という場合には、本などを重ねて足がきちんとつくようにしてあげると良いでしょう。もし、畳に座って食べる場合にはきちんと正座をして食べるようにしましょう。

姿勢をきちんと正すことは、きれいな歯並び、噛み合わせにつながっていくのですね。ぜひ実行してみてください。

  カテゴリ:食事の姿勢 and tagged ,