歯を白くする食べ物

歯を茶色や黄色く変色させる食品というのはよく知られていますね。ところが、身近な食品で、歯を白く保つ効果を持つものがあるんです。これらの食品を意識して口にすることで、なるべく自然に歯をきれいに保つことができます。

1.水
水は飲むタイミングによって歯の着色を防いでくれます。食後に一杯の水を飲むようにしましょう。とくにワインなど着色しやすいものの直後に飲むと大変効果的です。カルシウム分を多く含むものがとくに効果的です。炭酸入りのものは酸を含むため、避けた方がよいでしょう。

2.にんじん、りんご
このような繊維質の野菜はよく噛むことにつながり、食品そのものが歯を磨く作用、また、噛むことが唾液の分泌を促すので口の中を洗浄してくれます。また口を中性に保ち歯がきれいになります。

3.牛乳、野菜、ナッツ類
これらのアルカリ性の食べ物を口にすることで口の中を中性化し、きれいにしてくれます。

4.チーズ
チーズは歯に大事なカルシウム、リン酸を多く含みます。また、噛む行為が唾液の分泌を増やします。

5.ベーキングパウダー
ベーキングパウダーを歯に擦り付けることで、着色を落として歯をツルツルにしてくれます。ただし、歯を傷めないよう、一週間に一度くらいを限度に行いましょう。

6.キシリトールガム
キシリトールガムを噛むことで唾液が分泌され、歯を守ります。また、キシリトール特有の効果で虫歯菌の活動も阻害し、歯垢がつきにくくなります。

7.ミント、ローリエなどのハーブ類
これらのハーブは唾液の分泌を促し、口臭予防にも効果的です。

8.レモン
レモンに含まれるクエン酸が歯を白くし、また強くします。ただ、酸が強いため、使用は多くても一週間に一度、レモン汁に浸した歯ブラシで歯を磨くと良いでしょう。

  カテゴリ:歯の着色 and tagged , ,